記事検索
最新ニュースIndex

ウィルコムの「だれとでも定額」、北海道/宮城/広島で提供開始


 ウィルコムは、料金プラン「新ウィルコム定額プラン」と「新ウィルコム定額プランS」ユーザー対象のオプションサービス「だれとでも定額」の提供エリアを拡大し、9月10日よりサービスを開始した。

 「だれとでも定額」は、「新ウィルコム定額プラン」と「新ウィルコム定額プランS」契約者向けのオプションサービス。ウィルコム同士だけでなく、国内携帯電話および、一般電話、IP電話への通話が1通話10分まで無料となる。10分経過すると「新ウィルコム定額プラン」と「新ウィルコム定額プランS」の通話料となるが、経過前に一旦切断し、再び電話をすれば毎月制限回数までは10分間無料で通話できる。

 「だれとでも定額」は4月よりウィルコム沖縄がサービスを提供している。今回、9月10日〜11月30日にかけて、北海道エリア、宮城エリア、広島エリアでもサービスの受付を開始する。

 サービス内容および料金は、北海道エリアは1カ月500回まで無料で月額980円、宮城エリアは300回まで無料で月額980円、広島エリアは500回まで無料で月額1980円、沖縄エリアは300回まで無料で月額980円となる。

 ただし、ウィルコムによれば、「だれとでも定額」はあくまでも試験的なサービスになるという。1通話10分間無料は変わらないものの、提供エリア毎にオプション料金や制限回数などサービス内容が異なるのはテストマーケティングのためとのこと。

 試験サービスとなるため、将来的に終了する可能性もあるが、その際はユーザーに余裕をもって案内するとしている。沖縄でスタートした「だれとでも定額」は、ウィルコムにとって手応えを感じるものだったという(広報部)。同社は、さらに各地域でテストを重ねてサービス化を検討していく。正式サービスおよび全国展開については現時点で全くの未定としている。

 なお、地域限定のサービスとなるが、対応エリアのウィルコムプラザなど契約変更が可能なショップでは、他地域のユーザーでも申し込みが可能。新規および機種変更ともに対応する。電話での契約変更は住所確認などが必要となるため、対応エリア内のユーザーのみ受け付ける。

 



(津田 啓夢)

2010/9/10 16:48