記事検索
最新ニュースIndex

ドコモ、カーナビ向けサービス「ドコモ ドライブネット」


ゴリラプラス

 NTTドコモは、カーナビゲーションシステムおよびスマートフォン向けの情報サービス「ドコモ ドライブネット」を開始する。対応第1弾として、まずFOMAの通信モジュールを内蔵した三洋電機製のポータブルナビ「ゴリラプラス」向けに10月末から提供される。

 「ドコモ ドライブネット」は、FOMA通信モジュールを内蔵したカーナビやスマートフォン向けの情報配信サービス。地図データをドコモのネットワークを通じて更新できるほか、VICSやプローブ情報(タクシーなどの走行データを収集した交通情報)を取得できる。また、駐車場の満空情報や、ガソリンスタンド情報、オービス、取り締まり情報などをも提供するドライバー向け情報サービスとなる。

 いわゆる通信対応カーナビの情報サービスをドコモが提供する形となり、ドコモ ドライブネットの利用者同士で、登録したグループ内のお互いの車両位置などがナビ上に表示可能。気象庁が提供している緊急地震速報や、地方自治体などの災害情報表示などにも対応している。

利用料

 利用料は月額315円で、別途パケット通信料がかかる。料金プランは「ドライブネットプラン」と「ドライブネットプラン フル」の2つのプランが用意される。月額1050円の「ドライブネットプラン」は、20万パケット(約24MB)までの通信量制限プランとなり、上限に達すると通信は停止する。

 一方の「ドライブネットプラン フル」は2段階制の定額プランで、20万パケットまでは月額1050円、20万パケット〜61.5万パケット(約79MB)の間は1パケット0.021円で従量制で課金され、61.5万パケット以降は上限額9765円が適用される。

 また、2年間の利用を条件に、月額利用料を割引きするオプション「ドライブネット割」も用意される。同割引オプションは、中途解約および利用休止した場合、利用期間に係わらず9975円の解約金がかかる。2年経過後は自動更新され、契約満了月の翌月は解約金が発生しない。

 「ドライブネット割」を適用した際の通信料金は、「ドライブネットプラン」が月額525円で20万パケットまで利用可能、20万パケット以降は通信停止となる。「ドライブネットプラン フル」は、20万パケットまでは月額525円で、20万パケット〜46万パケット(約56MB)までが1パケット0.021円の従量課金制、46万パケット以降の通信は月額5985円の定額となる。

 なおドコモでは、通信利用時のモデルケースを紹介しており、平日に買い物利用で1時間、月に1度2時間の旅行に出かける場合、パケット通信量は約3万5000パケットかかり、また平日に通勤で5時間、毎週末3時間ドライブした場合、パケット通信量は約17万パケットかかるとしている。

 広報部では、通常利用であれば20万パケット内に収まるのではないかと話している。仮に「ドライブネットプラン」の上限20万パケットに達した場合も、インフォメーションセンターに連絡すればすぐに料金プランを「ドライブネットプラン フル」に変更できる。

2010年第4四半期にスマートフォン版提供

 なお、スマートフォン向けのサービスは、2010年第4四半期にもアプリとして提供される予定。こちらはナビゲーションサービスとセットになったナビアプリの形で提供される見込み。契約形態や料金プランについては検討中としている。

 ドコモ広報部によれば、これまでタクシー会社などにFOMAユビキタスモジュールなどを提供してきたほか、カーナビにFOMAモジュールを内蔵するのは初めてという。


 

(津田 啓夢)

2010/9/27 16:32