記事検索
最新ニュースIndex

9月の純増シェア1位はソフトバンク、spモードは27万件に


 電気通信事業者協会(TCA)は、2010年9月末時点の携帯電話・PHS契約数を発表した。

 9月の純増数を多い順で見ると、ソフトバンクモバイルが33万2600件(ダブルナンバーは100件の減少)、NTTドコモが10万9400件(2in1が330件の減少)、auが9万1400件、イー・モバイルが6万8500件となった。MNP(携帯電話番号ポータビリティ)の利用件数は、ソフトバンクモバイルが7万6100件の転入超過(プラス)となる一方、NTTドコモは4万3400件、auは3万2000件、イー・モバイルは800件の転出超過(マイナス)となった。

 BWA(無線ブロードバンドサービス)のUQコミュニケーションズは、4万3400件の純増で、累計契約数が30万件を超え、33万7100件となった。また、PHSサービスのウィルコムは3万9500件の純減となった。

 通信方式別に見ると、W-CDMA方式のソフトバンクモバイルが33万2600件、NTTドコモが24万900件、イー・モバイルが6万8500件の純増。またauのCDMA2000 1x方式は9万8600件の純増を記録した。

 プリペイド契約数は、ソフトバンクモバイルが2万6800件、イー・モバイルが1000件の純増で、NTTドコモは1600件、auは4900件の純減。また通信モジュールではソフトバンクモバイルが6万9300件、auが3万8400件、NTTドコモが1万9600件の純増となった。

 インターネット接続サービスでは、Yahoo!ケータイが21万1600件、iモード/spモードが13万1100件、EZweb/IS NETが2万1900件となった。今月から、NTTドコモのspモードが含まれた数値となっているが、ドコモによれば、2010年9月のspモード純増数は27万300件で、iモードは13万9100件の純減という。auのIS NETや、ソフトバンクモバイルのiPhone向けS!ベーシックパック(i)といったスマートフォン向けインターネット接続サービスもこれらの数値に含まれているが、内訳は非公表となっている。また、イー・モバイルが10月から提供するデータ通信サービス向けのオプション「メールサービス」は、あくまでオプションという位置付けになり、TCAの集計では取り扱われないとのこと。

【携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ 109,400 56,894,600
KDDI 91,400 32,291,200
ソフトバンク 332,600 23,474,200
イー・モバイル 68,500 2,740,800
総計 601,900 115,400,800

【第3世代携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ【W-CDMA】 240,900 54,940,400
au【CDMA2000 1X】 98,600 32,104,900
ソフトバンク【W-CDMA】 332,600 23,474,200
イー・モバイル【W-CDMA】 68,500 2,740,800
総計 740,600 113,260,300

【携帯電話:インターネット接続サービス契約数】
事業者 純増数 累計
iモード/spモード 131,100 49,184,600
EZweb 21,900 27,165,000
Yahoo!ケータイ 211,600 18,266,300
EMnet -1,700 44,900
総計 362,900 94,660,800

【PHS:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
ウィルコム -39,500 3,777,700
総計 -39,500 3,777,700

【BWA:加入者数】
事業者 純増数 累計
UQコミュニケーションズ 43,400 337,100

 



(関口 聖)

2010/10/7 16:45