記事検索
最新ニュースIndex

ハイビジョン動画対応、13.2メガカメラのEXILIMケータイ「CA006」


EXILIMケータイ CA006(ビビッドピンク)

 「CA006」(カシオ計算機製)は、カシオのデジタルカメラブランドの名を冠した“EXILIMケータイ”最新モデルとなる。IPX5/IPX8の防水性能、IP5Xの防塵性能を備える。12月上旬以降発売で、価格は5万円台後半になる見込み。

 CA006は、カメラ機能を重点的に強化したEXILIMケータイシリーズの最新モデル。シリーズでは初めて、720pのハイビジョン動画撮影に対応した。本体は2軸回転型のデザインで、IPX5/IPX8の防水性能とIP5Xの防塵性能を備えている。無線LAN機能を搭載し、「Wi-Fi WIN」にも対応している。

 ハイビジョン動画は、720p解像度の30fpsで撮影できる。動画の画質は3段階から選べて、ビットレートの具体的な数字は非公表だが、最大でだいたい9Mbps程度となる。録画フォーマットは3GPP2形式。動画撮影中には、コンティニュアスオートフォーカスにも対応する。CA006はSnapdragonベースのチップを搭載していないが、動画処理専用のプロセッサを搭載しているという。

 撮影した動画は、本体での再生やメモリカード経由でのパソコンへのコピーに加え、CA006とテレビをHDMIケーブルで接続し、動画をテレビで視聴することもできる。CA006にはHDMIのMICROプラグ(タイプD)という規格の端子があり、その端子でHDMIケーブルを接続できる。ケーブルは別売り。HDMI出力できるのは動画コンテンツのみとなっている。

 動画はCA006内で簡易編集することも可能で、そこでリサイズをかけることもできる。オンラインサービスに直接アップロードするための特別なアプリなどは搭載していないが、パソコンから簡単にYouTubeにアップロードするためのパソコン用アプリ「YouTube Uploader for CASIO mobile」が提供される。

 カメラはCMOSで有効画素数は約1316万画素。搭載するセンサの解像度はEXILIMケータイ CA005と同じだが、動画処理エンジンと同時に静止画処理エンジンも更新したため、有効画素数が約1295万画素から約1316万画素に増えたという。3メガサイズで秒間30コマという高速連写機能や3倍のデジタルズーム、写真に「キラキラ」を追加する「美撮り+きらきらクロス」などの機能を搭載する。10枚の連写画像から、動いている部分だけを切り取ってアニメーションするデコレーションメルのパーツを作る「ダイナミックフォト」などの機能も搭載している。

 約3.2インチのフルワイドVGAサイズのIPS液晶ディスプレイ、最大32GBのmicroSDHCカードスロットを備える。主な対応サービス・機能は、LISMO Music Video Book、au Smart Sports、グローバルパスポートCDMA、EZナビウォーク、EZ助手席ナビ、ワンセグ、おサイフケータイ(EZ FeliCa)、EZニュースEX、デコレーションアニメ、Bluetooth、赤外線通信、じぶん銀行、Wi-Fi WINなど。CDMA2000 1xEV-DO Rev.A方式に対応し、ソフトウェアプラットフォームはKCP+となる。

 大きさは約110×50×16.9mm、重さは約128g。連続待受時間は約290時間、連続通話時間は約260分。ボディカラーはビビッドピンク、パールホワイト、ビターブラック。

パールホワイト ビターブラック

 



(関口 聖 / 白根 雅彦)

2010/10/18 11:17