記事検索
最新ニュースIndex

小型でスタイリッシュなAndroid端末「IS05」


IS05 ホワイト

 「IS05」は、通信方式としてCDMA 1xEV-DO Rev.Aをサポートし、Android 2.2を搭載するシャープ製の端末。2010年度の春モデルとしてラインナップされる。

 女性向けにデザインされているのが特徴で、持ちやすさ、バッグなどへの入れやすさを追求した形状が特徴。同じシャープ製の「IS03」より一回りコンパクトで横幅は55mmとなり、片手でもスムーズに操作できる。スマートフォンには珍しいカラフルなボディも目を引く。前面のキー部分は、メモリ液晶を採用したIS03とは異なり、静電タッチパネルとなる。そのため、IS03のように電池残量や時刻をこの部分で確認することはできない。

 自分撮りに適したFWVGAサイズのインカメラも装備する。インカメラは、Androidの標準機能ではなく「API公開の有無は未定」(KDDI関係者)とのこと。現時点では、サードパーティー製のアプリがインカメラを利用できるかどうかは判明していない。また、ワンセグ、おサイフケータイなど、従来の携帯電話で利用できる機能を継承。AQUOS連携機能により、録画した番組をIS05に転送して視聴が可能。3.5mmイヤホンジャックが用意されている。

 メインカメラは約800万画素のオートフォーカスに対応。720pのハイビジョン動画の撮影機能がサポートされ、パッケージに同梱のmicroHDMIケーブルを利用してテレビで撮影したハイビジョン動画を楽しめる。また、KDDI関係者によると「DLNA」にも対応するようだ。ただし、クライアントとサーバーのどちらが実装されるのかは、「現時点では回答できない」(KDDI関係者)という。

 無線LANはIEEE802.11b/gに対応し、Bluetooth 2.1+EDRも利用可能。対応するプロファイルは「現時点では未定」とのこと。CPUには、800MHzのSnapdragonを採用している。メモリ容量などは「まだ確定していない」(KDDI関係者)。

 画面は約3.4インチ、854×480ドット(フルワイドVGA)のNewモバイルASV液晶で、microSDHCカードがサポートされている。外部インターフェイスはmicroUSB。

 auの主な対応サービスは、Eメール(〜@ezweb.ne.jp)、Cメール、デコレーションメール、LISMO!で、おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信、ブログアップツール、6軸センサーも利用できる。 なお、Android 2.2で搭載された「テザリング」に関しては、「この機種ではサポートしない」(KDDI広報部)という。

 大きさは約112×55×14mmで、重さは約132g(いずれも暫定値)。ボディカラーはホワイト、ピンク、グリーン×ブラックの3色をラインナップする。ホワイトとピンクは背面のカバーも同色に揃えられているが、グリーン×ブラックは前面の“ふち”のような部分のみがグリーンで、背面カバーが光沢仕上げのブラックとなる。

【お詫びと訂正 10月20日20:00】
 初出時、「CPUには、1GHzのSnapdragonを採用している。」と記載しておりましたが、その後の調べでクロック周波数は800MHzであることがわかりました。お詫びして訂正いたします。

ピンク グリーン×ブラック

 



(太田 亮三 / 石野 純也)

2010/10/18 11:10