記事検索
最新ニュースIndex

3D液晶搭載、FeliCa対応のAndroid端末「LYNX 3D SH-03C」


「LYNX 3D SH-03C」 Pure White

 「LYNX 3D SH-03C」は、Android 2.1を搭載したシャープ製のスマートフォン。おサイフケータイに対応するほか、メインディスプレイは裸眼立体視が可能なモバイル3D液晶を採用する。12月に発売される予定。2011年春にAndroid 2.2へのバージョンアップが予定されている。価格は、購入サポートなど店頭の割引施策込みで、一括で3万円台前半になる見込み。

 専用メガネが要らない、裸眼立体視が可能なモバイル3D液晶を搭載するのが大きな特徴。ソフトバンクモバイルから発表されている「GALAPAGOS 003SH」に搭載される液晶と同じ仕組みになっており、3D撮影機能なども同等になっている。3D専用の撮影モードが用意されるほか、撮影した静止画を3D変換で立体表示にできる。2Dと3Dはワンタッチで切り替えることも可能。3D対応ゲームや3D対応動画などがプリインストールされ、ワンセグを含めて立体表示をさまざまなコンテンツで楽しめる。

 本体はクリスタル調の透明なフレームとガラスパネルで立体感を表現したデザイン。前面に用意されたキーの間にはイルミネーションも配されている。

 おサイフケータイ、ワンセグ、赤外線通信に対応。おサイフケータイは各社が対応サービスを順次提供する予定。「トルカ」にも対応する。spモードがサポートされ、iモードのメールアドレスのメールをやり取りできる。Evernoteのアプリをダウンロードできるショートカットも用意される。

 ディスプレイは約3.8インチ、480×800ドット、ワイドVGA、6万5536色表示のNewモバイルASV液晶。

 カメラは960万画素のCCDカメラで、720pのHD動画も撮影可能。顔検出機能、チェイスフォーカス、シーン自動認識などの機能を搭載する。また、バーコードリーダー、名刺リーダー、情報リーダーといった読み取り機能も充実している。外部メモリとして最大32GBまでのmicroSDHCカードを利用できる。

 アドレス帳は片手操作でも扱いやすいようにユーザーインターフェイスが工夫されており、1文字入力するたびに候補が絞られていくインクリメンタルサーチにも対応する。コンテンツマネージャーが搭載され、動画、静止画、音楽などを統合的に管理可能。Blu-rayディスクレコーダー連携機能や、DLNAサーバー機能も用意されている。辞書機能として、国語、英和、和英辞典が搭載される。

 通信方式は3G(W-CDMA)。HSDPAとして下り最大7.2Mbps、HSUPAとして上り最大5.7Mbpsがサポートされる。無線LAN、GPSが利用できる。Bluetoothはバージョン2.1+EDR。国際ローミングは3Gで対応する。

 大きさは123×62×13.4mmで、重さは約140g。連続待受時間は約410時間、連続通話時間は約270分。ボディカラーは、Pure White、Ink Black、Fairy Blueの3色。


Ink Black Fairy Blue

 


 

 



(太田 亮三)

2010/11/8 12:47