記事検索
最新ニュースIndex

PFU、小型のドキュメントスキャナ「ScanSnap S1100」


ScanSnap S1100
限定販売のホワイトモデル

 PFUは、小型で持ち運びに適したドキュメントスキャナ「ScanSnap S1100」を11月20日に発売する。価格はオープンプライスだが、同社の直販サイトでの販売価格は1万7800円とされている。

 S1100は、ワンプッシュで簡単に書類をPDF化できるScanSnapシリーズの新モデル。A4片面読み取りの1枚送り型とし、構造をシンプルにしたことで小型・軽量化を実現した。大きさは273×47.5×34mm、重さは350g。USBケーブル1本でのバスパワー駆動に対応しており、持ち運びにも適している。読み取り速度は、自動解像度モードで7.5秒/枚、最も高品質なエクセレント(カラー/グレー600dpi、白黒1200dpi相当)で35秒/枚となっている。

 片面読み取りながら、排出ガイドを立てることで書類を裏返しした状態で手元に戻す「Uターンパス機構」や、排出ガイドを閉じることで厚みがあるプラスチックカードも読み取れる「ストレートパス機構」が用意されている。別売のA3キャリアシート(2625円)を利用することで、A3サイズの書類を読み取ることもできる。

 また、付属ソフトも機能強化され、クラウドサービス連携機能が追加された。読み取ったイメージをEvernoteやGoogleドキュメントに簡単に保存する機能や、同梱の名刺管理ソフト「名刺ファイリングOCR」(Windows用)、「CardMinder」(Mac OS用)で管理している名刺データを「Salesforce CRM」上に保存する機能が利用できる。

 コンパクトで手ごろな価格の製品ということもあり、家庭での利用も意識し、メディアドライブ社製のソフト「やさしく家計簿 エントリー for ScanSnap」(Windows用)を標準搭載。レシートを読み取って管理できるようにした。さらに、「楽2ライブラリ パーソナル V5.0」セットモデル(2万2800円/直販サイト)では、同ソフトに年賀はがきの整理機能を追加。お年玉付き年賀はがきの当選チェック機能も用意されている。

 これら最新ソフトについては、11月下旬以降、S1500/S1500M/S1300のユーザー向けにも提供される予定。

 なお、S1100にはApple製品とのデザインの調和を図ったホワイトモデルが用意され、同社直販サイトのほか、Apple StoreとApple Online Storeで限定販売される。本体カラー以外のスペックや価格は通常モデルと同等。

 PFUでは、S1100の発売を記念し、11月15日〜2011年1月16日にかけて「ScanSnap S1100 新発売キャンペーン」を実施する。抽選でiPad(16GB Wi-Fiモデル)やEvernoteプレミアムの1年間利用券がプレゼントされる。

Uターンパス機構 ストレートパス機構
パソコンとの接続イメージ ScanSnapのラインナップ。手前からS1100、S1300、S1500

(湯野 康隆)

2010/11/15 11:23