記事検索
最新ニュースIndex

モバゲーのスマートフォン版スタート、海外展開も


「モバゲータウン for Smartphone」

 ディー・エヌ・エー(DeNA)は、スマートフォン版「モバゲータウン」の提供を開始した。iPhoneおよびAndroid端末のブラウザで利用でき、来春からはアプリでも提供される。また、海外での展開も「mobage」(モバゲー)ブランドに統一、ゲーム開発者はiPhone、Android向けに加えて海外展開を行うことが可能になる。

 DeNAは、12月15日より日本国内向けとしてスマートフォン版の「モバゲータウン for Smartphone」の提供を開始した。ブラウザから利用する。携帯電話版のIDと連携でき、アバターや日記、コミュニティ機能、ソーシャルゲームを楽しめる。2011年4月からはiPhone、Androidに対応したアプリの提供も開始される予定で、ゲーム開発者からもゲームアプリが提供される見込み。

 海外展開では、米国の子会社が展開するゲームコミュニティプラットフォーム「plus+Network」を統合し、海外統一ブランド「mobage」を立ち上げる。この取り組みでは、DeNAはサムスン電子と提携し、サムスン電子が海外市場で展開するAndroid搭載スマートフォン上で「mobage」を提供する。

 ゲーム開発者向けには、海外・国内統一のゲーム開発エンジン「ngCore」を提供する。同エンジンを利用して開発すると、「モバゲータウン for Smartphone」「mobage」でゲームを公開する際には、一度の開発でiPhoneとAndroidの両方に展開できる。すでに提供されているゲームに対しては、スマートフォン対応プログラムが2011年3月より提供される。ゲーム開発ではngCoreを利用しないNative SDKも提供される。

 ngCoreの先行開発パートナーとしてコーエーテクモゲームス、ハドソンなど国内外で50社が参加するとしており、4月からngCoreが一般のパートナーにも提供される。

 



(太田 亮三)

2010/12/15 18:12