記事検索
最新ニュースIndex

ドコモ、スマートフォン向けに2種類のパケット定額サービス


 NTTドコモは、スマートフォンやタブレット型端末に向けたパケット定額サービス「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」を3月15日より提供する。

「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」

 「パケ・ホーダイ フラット」は、パケット通信料が月額5460円で固定になるパケット定額サービス。従来の「パケ・ホーダイ ダブル」と比較して、上限額が525円安くなっている。

 このほかの上限額は、128K通信を利用した場合が月額5985円、それ以外は月額1万395円になる。また、iモードの利用では月額5460円、iモードフルブラウザの利用では月額5985円になる。パケット単価は、5985円までが1パケットあたり0.0525円、5985円以降は1パケットあたり0.021円。

 「パケ・ホーダイ ダブル2」は、パケット通信料が月額2100円〜5985円となるパケット定額サービス。2100円の無料通信分が含まれている。4万パケットまでは月額2100円で、4万パケット以上は1パケットあたり0.0525円で推移し、11万4000パケットで上限の月額5985円になる。「パケ・ホーダイ フラット」と比較して下限の定額料が抑えられているほか、従量課金部分のパケット単価が従来のパケ・ホーダイ ダブルより安く設定されている。

 このほかの上限額は、128K通信を利用した場合が月額5985円、それ以外は月額1万395円になる。また、iモードの利用では月額4410円、iモードフルブラウザの利用では月額5985円になる。パケット単価は「パケ・ホーダイ フラット」と同じ。

パケ・ホーダイ フラット パケ・ホーダイ ダブル2

 

「定額データプラン フラット」「定額データプラン スタンダード2」

 上記の2種類のパケット定額サービスを、データ通信専用の端末向けにした「定額データプラン フラット」「定額データプラン スタンダード2」も3月15日から提供される。それぞれ、バリュープランに加えて、月額利用料に735円が加算されるベーシックプランが用意される。また、2年契約の「定額データ スタンダード割2」がそれぞれのプランに用意されており、契約することで上限額が割り引かれる。

 「定額データプラン フラット バリュー」では、2年契約の「定額データ スタンダード割2」を適用した場合、パケット通信料は月額5460円の定額になる。パケット単価は1パケットあたり0.0315円。2年契約をしない場合は月額9240円。

 「定額データプラン スタンダード2 バリュー」は、2年契約の場合、月額2500円〜月額5985円。2500円の無料通信分が含まれる。7万9000パケットまでは月額2500円で、以降は1パケットあたり0.0315円で推移し、月額5985円が上限になる。2年契約をしない場合は月額3500円〜9765円で、無料通信分は2500円。

 2年契約の割引サービス「定額データ スタンダード割2」は2年単位の自動更新。途中解約は9975円の解約金が発生する。

定額データプラン フラット 定額データプラン スタンダード2

 

パケット定額サービスの全体像

 

スマートフォン向けに「月々サポート」

 ドコモでは、スマートフォンの機種に応じた金額を設定し、最大24カ月間割り引く「月々サポート」を3月15日より提供する。対象となるスマートフォン、タブレット型端末を購入した月を1カ月目とし、最大24カ月間、各種の割引サービスが適用された後の毎月の携帯電話利用料から、規定の金額が割り引かれる。月の利用料の合計よりも割引額のほうが大きい場合、利用料の合計をその月の割り引きの上限とし、残った割引額の繰り越しなどは行われない。端末購入に関わる分割払いの代金は、割り引きの対象外。

 「月々サポート」は、スマートフォンの購入時に利用できる「端末購入サポート」に代わるもので、「端末購入サポート」は3月14日で受付を終了する。なお、端末購入サポートの割引額と、月々サポートの合計の割引額は、同等になる見込み。

 3月15日時点での「月々サポート」の対象機種は、HT1100、F1100、HT-01A、HT-02A、BlackBerry Bold、T-01A、HT-03A、SC-01B、Xperia、dynapocket T-01B、LYNX SH-10B、BlackBerry Bold 9700、GALAXY S、GALAXY Tab、BlackBerry Curve 9300、LINX 3D SH-03C、REGZA Phone T-01C、ブックリーダー SH-07C。今後発売されるスマートフォン、タブレット型端末は月々サポートの対象になる。

 月々サポートを利用できるのは、端末をバリューコースで購入し、「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」「定額データプラン フラット バリュー」「定額データプラン スタンダード2 バリュー」のいずれかを契約したユーザー。

 なお、月々サポートの適用期間中に、新しい携帯電話の購入や、解約・利用休止、2in1のBナンバーとして利用、指定のパケット定額サービスが廃止されたり、指定のパケット定額サービス以外に変更した場合は、月々サポートによる割引きが中止される。

「月々サポート」の利用イメージ

 

「応援学割」の対象に

 ドコモが24日に発表したキャンペーン「応援学割」では、今回発表された「パケ・ホーダイ フラット」「パケ・ホーダイ ダブル2」についても対象となり、パケット定額サービスの上限額が最大3年間、525円割引きとなる。

 



(太田 亮三)

2011/1/28 15:25