記事検索
最新ニュースIndex

写真で見るスマートブック「LifeTouch NOTE」

Android2.2採用、フルキーボードを装備


LifeTouch NOTE
iPhone 4(左)とサイズ感を比較

 NECが発表した「LifeTouch NOTE」は、QWERTYキーを備えるAndroidスマートブックだ。かつて販売された「モバイルギア」シリーズが蘇ったとも言える同機について、外観写真を中心に紹介する。

 ソフトウェアプラットフォームはAndroid 2.2で、Googleの認定を受けておりAndroidマーケットへアクセスできる。NVIDIA製のデュアルコアプロセッサ「Tegra 250」(1GHz駆動)を採用し、Bluetooth、GPS、電子コンパス、加速度センサーなどが利用できる。

 抵抗膜式でタッチ操作できる7インチディスプレイ(800×480ドット)、200万画素カメラを装備する。大きさは234×138×25mm。重さはWi-Fi版が約699g。バッテリー駆動時間は、Webブラウジングで約9時間、ローカル動画再生で約8時間、YouTube動画再生で約7時間。ストレージ容量や3G通信モジュールの有無により計3モデルラインナップされる。

  • LT-NA75F/1A:16GB(内蔵/SD各8GB)、3G/Wi-Fi対応
  • LT-NA75W/1A:16GB(内蔵/SD各8GB)、Wi-Fi対応
  • LT-NA70W/1A:4GB(内蔵/SD各2GB)、Wi-Fi対応

 一見すると小型のノートパソコンで、いわゆるネットブックと同サイズ。4月下旬発売予定の3G対応版と総ストレージ16GBのモデルは、天板のカラーバリエーションとしてピアノブラック、バーミリオンレッド、チョコレートブラウンの3色が用意される。片手で持ち運ぶサイズではなく、パソコンと同じように、デスクの上に拡げて使う形が中心となりそうだ。

LifeTouch NOTE 一見するとノートパソコン ヒンジ部がバッテリー
左側面 左側面にmini USBポートやイヤホンジャック 右側面
右側面のSDカードスロット 折りたたんだ状態で前から見たところ 折りたたんだ状態で後ろから見たところ
開いたところ 底面 バッテリーを外したところ

 

 特徴となるキーボードは、キーピッチが16.8mm、キーストロークが1.6mmで、ノートパソコンと比べ遜色ない仕上がり。パソコンと異なる点として、Android特有のMenuキーや検索キー、Homeキー、Backキーがキーボード右上に配されている。Menuキーはキー左部にもある。またキー下部には方向キーと同等の働きをするポインティングデバイスが用意されている。

キーボード 右上にAndroid用の各種キー 左側にCtrlキーやAltキー、menuキー

 独自のプリセットアプリとして、ブログやSNSなどに投稿できるテキストエディタ「ライフノート」や、最適なWi-Fiアクセスポイントへ自動的に切り替える「ワイヤレス自動接続」が利用できる。

 



(関口 聖)

2011/2/15 11:05