記事検索
最新ニュースIndex

ドコモ、スマートフォン向けにカーナビのサービスを開始


 NTTドコモとパイオニアは、スマートフォン向けにカーナビゲーションシステムのサービスを4月21日より開始する。Android搭載スマートフォンで無料のアプリをダウンロードすれば一部の機能を利用でき、月額315円の有料契約を行えば、カーナビのように詳細なルート検索や案内表示、リルート検索機能やエリア情報検索機能も利用できる。また、各種センサーを搭載したスマートフォン向け車載用クレイドルも4月21日に発売される。

 今回開始されるサービスは、ドコモのAndroid端末に専用のアプリをダウンロードすることで、スマートフォンをカーナビとして利用できるというもの。無料アプリの状態で利用する場合は、ドライブ用の最新の地図データを閲覧可能。住所や電話番号で場所を確認でき、自車の位置を地図上に表示できる。

 「ドコモ ドライブネット」を月額315円で契約すると、カーナビ機能として、道幅や走行距離、有料道路などの指定に沿ったルート検索と案内を行う機能を利用でき、交差点や走行レーン、分岐はイラストで表示される。また、ルートを外れると再検索するインテリジェントリルート機能も用意されている。また、駐車場の満空情報、ガソリンスタンドの価格情報、テレビ紹介スポットなどの最新のエリア情報を検索できる。対応機種はXperia SO-01B、Xperia arc SO-01C、MEDIAS N-04C(予定)。

 なお、ドコモでは有料サービスの体験期間として、4月21日〜6月30日の期間中に新たに「ドコモ ドライブネット」を契約したユーザーを対象に、契約月を含む3カ月間の利用料を無料にするキャンペーンを実施する。

利用イメージ

 

専用クレードルも発売

 さらに、パイオニアからカロッツェリアブランドで「スマートフォンリンク ナビクレイドル」が4月21日に発売される。オンライン通信販売サイトやカー用品販売店を中心に取り扱われ、価格は1万5750円。

 このクレードルには車載用GPS、加速度センサー、ジャイロセンサーが搭載され、スマートフォンとはBluetoothで接続する。GPSの届きにくいトンネルや高層ビル街、高架下でも自車位置を表示できるようになり、「ドコモ ドライブネット」の有料契約ユーザー向けには、ルート案内時に音声案内が可能。スマートループ渋滞情報を使った渋滞考慮ルート検索も行える。また、エコ運転の度合いを色で表示する機能も搭載されている。

 マイクとスピーカーが内蔵されており、音声案内のほか、スマートフォンの楽曲再生や、ハンズフリー通話を行える。スマートフォンの充電も可能。

 クレードルの電源はシガーライターソケット。対応機種はXperia SO-01B、Xperia arc SO-01C、MEDIAS N-04C(予定)。大きさは86×125×61mmで、重さは約170g。

「スマートフォンリンク ナビクレイドル」

 




(太田 亮三)

2011/4/14 14:57