記事検索
最新ニュースIndex

フジテレビ、iモードやiPhone対応の無料動画サービス「見参楽」


司会は「つか金フライデー」の塚越孝アナと高木広子アナ

 フジテレビジョンは、携帯電話やiPhone、パソコンなどで閲覧できる無料動画サイト「見参楽(みさんが!)」をオープンした。オリジナルの動画コンテンツが利用料無料で楽しめる。

 「見参楽」は、“見て、参加して、楽しむ”をテーマに、オリジナルの動画コンテンツを中心に配信する無料のコンテンツポータル。視聴者とのコミュニケーションを重視した番組作りが行われ、出演者やスタッフ、視聴者間で意見や要望を交わしながら番組が進められる。広告で収益を上げていくため、動画は無料で視聴できる。

 サービス開始当初は、レギュラー番組5タイトル、年内に常時20タイトル程度の配信が予定されている。1話5〜10分程度で、サービス開始当初の番組の配信期間は3〜6カ月間程度となる。いずれもオリジナル番組で、他社のインターネットサービスへの動画提供や、ケーブルテレビなどへの動画提供なども視野に入れて展開される。

 4月18日週の配信タイトルは、俳優である大杉漣のお散歩番組「大杉漣の『漣☆写』でGO!」、若手声優の小松未可子、小見川千明、葉山いくみ、森沢音らが登場する「Say You Love!」、塚越孝アナウンサーの美女インタビュー番組「つか金フライデーDOUGA」、落語番組「お台場寄席DOUGA」、カンニング竹山のショートコント集「カンニング竹山の『前向きコント!一本勝負』」となる。なお、お台場寄せやつか金フライデーといった番組は、ポッドキャスティング向け音声番組として、フジポッドで配信されていたコンテンツの動画版となる。

 コンテンツは、パソコンのほか、iモード向け、iTunes経由でiPhone/iPad/iPod向けに提供される。フジテレビでは年内にも、iOSおよびAndroid向けアプリ版などを提供していく方針。EZwebやYahoo!ケータイ向けには配信されない見込み。



キーワードは視聴者参加

写真左から大多氏、クリエイティブ事業営業部 部長の上田常尚氏、奥津氏

 フジテレビの執行役員 クリエイティブ事業局長の大多亮氏は、フジポッドの名称で音声コンテンツを提供してきたとし、「動画となるとテレビ屋の血が騒ぐところ、制作能力を活かして勝負していきたい。そうはいってもテレビのように大きな制作費をかけることは無理で、“月9”やゴールデンタイムの番組を流しても人が集まるとも思えない。落語はテレビで放送しても視聴率がとれないが、コアなファンがいるし、テレビではなかなか流せないもの、流していいのかわからないもの提供したい」などと話した。

 また、「フジポットのユニークユーザーは50〜60万、見参楽が200〜300万となればクライアントの見る目が変わってくると思う」と述べたほか、有料の動画配信サービス「フジテレビ On Demand」についても継続して提供していくとした。

 見参楽は、営業部門から企画が立ち上がった。プロデュース担当のフジテレビ クリエイティブ事業営業部 渉外統括担当部長の奥津信弘氏は、動画とコミュニティの両輪で番組とするプランを説明した。フジテレビが放送中のドラマでは、Webサイトはあるものの、さまざまな制約もありコミュニティサービスが提供できない状況という。こうした制約を取り払うため、見参楽ではオリジナル番組を制作することになった。

 さらに、コミュニケーション機能を強化していくことで、番組に人を集めていく。いずれの番組も視聴者が参加できるものがあることが条件となり、必ず視聴者プレゼントが用意される。奥津氏は、「将来的には視聴者自身が動画を作り、我々がそれを見るような番組作りもしたい」などと語った。コミュニケーション機能はサイト周辺に収まらず、TwitterやFacebook、ブログパーツなども積極的に展開していくという。

 目標とするユニークユーザー数は1000万人、奥津氏は2年間で500万ユーザーまで拡大させたいと話した。また同氏は、ターゲットユーザーについて1億人と話しており、「見参楽」としてはターゲットを絞らない方針を示した。番組内容によって絞り込みをかけ、「見参楽」の利用者ではなく、各番組の視聴者の獲得・拡大を目指していく。



 

(津田 啓夢)

2011/4/18 14:09