記事検索
最新ニュースIndex

Evernote連携ノート「ショットノート」に新製品、Android対応も


 キングジムは、手書きのメモをデジタル化し、メール添付やEvernoteへ保存できるノート「ショットノート」の新製品を6月10日発売する。また、iPhoneアプリに続いて、6月下旬にはAndroid向けショットノート専用アプリ「SHOT NOTE Android」も配信される。

 ショットノートは、手書きのメモをデジタル化して利用できるアプリ連携ノート。ショットノートに書いたメモを専用のアプリで撮影すると、ノート四隅のマーカーを認識して自動で台形補正や色補正、サイズ補正され、ノートの画面ぴったりにメモが取り込める。取り込んだメモは、メール添付したり、クラウドサービスであるEvernoteに記録したりできる。

 新製品は、ツインリングタイプ(4サイズ)とケース付きルーズリーフタイプ(2サイズ)、貼ってはがせるタイプ(4色)の4種類。価格はノートのサイズによって異なり、ツインリングタイプが315/420/577/630円、ルーズリーフタイプが315/367円、貼ってはがせるタイプが357円。

 なお、現在はiPhone向けのアプリのみ提供されているが、6月下旬よりAndroidアプリも登場する。キングジムでは動作確認端末として、Xperia(Android 2.1)とGalaxy S(Android 2.2)の2モデルを挙げている。アプリはAndroid Marketからダウンロードできる。

ツインリングタイプ

ルーズリーフタイプ 貼ってはがせるタイプ

 



(津田 啓夢)

2011/5/10 13:44