記事検索
最新ニュースIndex

大容量バッテリー搭載のXi対応モバイルWi-Fiルーター「L-09C」


「L-09C」は、LTE方式のデータ通信サービス「Xi」やFOMA網に対応したLGエレクトロニクス製のモバイルWi-Fiルーター。6月〜7月の発売を予定している。

 下り最大37.5Mbps、上り最大12.5Mbps、一部室内施設で下り最大75Mbps、上り最大25Mbpsの通信を実現するXiに対応したモバイルWi-Fiルーターで、Xiエリア外でもFOMAハイスピードエリアで利用できる。

 IEEE 802.11b/g/n規格に準拠し、最大10台のWi-Fi対応機器が同時に接続可能。また、手軽にWi-Fi機器が接続できるWPSをサポートする。

 バッテリーは2700mAhの大容量タイプを採用し、バッテリーの消費を抑える「Wi-Fi節電モード機能」などが搭載される。連続使用時間はXi網で最大6時間、FOMA網で最大8時間、待受時間は約35時間となる。

 大きさは約122×64×15.9mmで、重さは約156g。最大32GBのmicroSDHCに対応する。カラーはWhite一色となる。

 なお、バッファロー製の「BF-01C」がハイスペックタイプであるのに対して、「L-09C」は、簡単接続や大容量バッテリーや、スタイリッシュなデザインを打ち出したモバイルWi-Fiルーターに位置付けられる。BF-01Cに搭載さているような、公衆無線LAN/ブロードバンド回線接続機能には非対応。AOSSも用意していない。

 一方で、この機種はサブディスプレイを装備しており、電波状態や電池残量などを確認可能。発表会会場では「ドコモUIMカード」入りの実機がなく詳細な動作は調べられなかったが、SIMカードが入っていない旨のアイコンは表示された。


 




(津田 啓夢 / 石野 純也)

2011/5/16 12:41