記事検索
最新ニュースIndex

使いやすさにフォーカスした防水スマートフォン「F-12C」


 「F-12C」は、コンパクトで使いやすさにこだわった富士通製のAndroidスマートフォン。Android 2.3を搭載する。老舗のスーツケースブランドである「Globe-Trotter(グローブトロッター)」とのコラボレーションモデルとなる。7〜8月に発売される予定。新規契約で月々サポート適用後の実質価格は2万円を切る価格になる見込み。

 シンプルで使いやすさにこだわり、スマートフォンへの移行に少し不安のあるユーザーなど、幅広い層をターゲットにしたモデル。タッチすると左右にスライドできることを通知するわかりやすいナビゲーション機能「NX! Comfort UI」を搭載。音声で機能を呼び出せる「音声呼出機能」では、例えば「佐藤さんにメール」と声で入力すると、アドレス帳に登録されている佐藤さんのメールアドレスが宛先に入力された状態で、メールの作成画面が起動する。

 ディスプレイは「高精彩スーパークリア液晶」で、明るい場所での見やすさも実現。フィードバックのあるタッチ操作は追従性も追求される。音声テクノロジーにより、周囲の音やユーザーの年齢に応じて聞きやすさを調整する仕組みも搭載されている。

 また、「F-12C」は、100年以上の歴史を誇る英老舗スーツケースブランド「Globe-Trotter」とのデザインコラボモデルとなっている。Globe-Trotterは、エリザベス女王やダイアナ元妃がハネムーン用スーツケースを特注するなど、セレブの愛用者も多いブランド。

 端末には長く愛着を持って使ってもらえるようにというメッセージが込められており、Globe-Trotterの旅行鞄をイメージし、端末の四隅にメッキのパーツがあしらわれている。また、ボディカラーの「Black」の背面カバーはGlobe-Trotterの旅行鞄に採用されている素材「ヴァルカンファイバー」を模した仕上げが特徴になっている。一方、「Rose Gold」の背面は、ツイード素材をイメージした模様になっている。Globe-Trotterの待受画像やウィジェットといった内蔵コンテンツも用意されている。

 同端末はスマートフォンのスタンダートモデルに位置付けられているが、IPX5/8相当の防水機能や810万画素カメラ、おサイフケータイ、赤外線通信機能など機能は充実している。

 主な対応サービスは、spモード、電話帳バックアップ、海外対応のGPS、iチャネル、ドコモマーケット、メロディコール、WORLD WING(3G+GSM)、iC通信、トルカ。テザリングには対応しない。

 ディスプレイは約3.7インチ、800×480ドット、1677万7216色表示のTFT液晶。カメラは約810万画素のCMOSカメラで、顔検出機能、個人顔認識機能、フォトライト、フラッシュ、HDは動画撮影機能をサポートする。通信方式はW-CDMAおよびGSM方式に対応し、通信速度は下り最大14Mbpsをサポートする。Wi-Fi機能やBluetoothなどに対応する。

 連続待受時間は3Gで約420時間、GSMで約280時間。連続通話時間は3Gで約320分、GSMで約290分。大きさは119×60×9.9(最厚部10.6)mmで、重さは約110g。ボディカラーはBlackとRose Goldの2種類。


「F-12C」 Black
「F-12C」 Rose gold

 



 

モチーフとなったGlobe-Trotterのケース    

 




(津田 啓夢 / 太田 亮三)

2011/5/16 12:09