記事検索
最新ニュースIndex

プリセットアプリが充実、使い勝手も工夫した「P-07C」


「P-07C」Black

 「P-07C」は、Android 2.3搭載のパナソニック モバイルコミュニケーションズ製スマートフォン。約4.3インチで854×480ドット、マルチタッチ対応のTFT液晶ディスプレイや約500万画素CMOSカメラを備える。7月〜8月に発売される予定で、店頭価格(月々サポート適用後)は2万円台半ばになる見込み。

 パナソニック初のAndroid搭載スマートフォンで、ブランド名称はないが、コンセプトは「マイ・ファースト・スマートフォン」とされ、これまで従来型の携帯電話(フィーチャーフォン)を利用してきたユーザーが初めてスマートフォンへ機種変更する際、利用しやすいよう、プリセットアプリを充実させた。

 ロック解除は、画面下部に表示される左右の円、どちらかをなぞって行う。ロックを解除すると、回転キーのタッチパネル版といえるランチャー「タッチスピードセレクター」が表示される。このとき、左手で持って左手の親指で円を描いてロックを解除すると「タッチスピードセレクター」は左手用に、右手でロックを解除すると「タッチスピードセレクター」は右手用に表示される。

 文字入力で用いるソフトウェアキーについては、片手で操作しやすいよう「フィットキー」と呼ばれるアプリでサイズ変更や表示位置を変更できる。多くのフルタッチ型スマートフォンでは、画面の幅一杯にキーが配置され、指が隅まで届きにくいこともあるが、「フィットキー」で入力部の表示幅を小さくしたり、画面中央より左寄り、あるいは右寄りに置くことで、片手で操作しやすくしている。「フィットキー」では表示位置のほか、背景画像や背景色、キーデザインも好みのものに変更して、装飾して“デコれるキーパッド”になっている。

 デコレーション関連では、ホーム画面などをカスタマイズできる「壁紙デコ」、撮影した写真を加工できるアプリ「プリプリまろん」なども用意されている。

「P-07C」Black
「P-07C」White

 またプリセットアプリの1つ、「Future Plus(フューチャープラス)」は、ソーシャルネットワークサービス(SNS)の更新状況や、天気予報などをチェックできるアプリ。対応サービスは、天気予報(ウェザーニュースタッチ)、占い(ZAPPALLAS)、ニュース(毎日新聞)、現在地付近のグルメ情報(ぐるなび)、乗換案内や運行情報、終電案内(NAVITIME)で、SNSではTwitter、mixi、Facebookをサポート。音楽再生、ギャラリー(写真表示)、電話、SMS、spモードメールと基本的な機能にもアクセスできる。

 このうち、SNSについては、フル機能のクライアントアプリではなく、リツイート程度をサポートしたライトな仕上がり。朝の忙しい時間や、昼の休み時間など、限られたタイミングで同アプリを使うことで、ニュースなどの情報とあわせ、手軽にコミュニケーションも楽しめるようになっている。ただし、ライトなユーザーでも使いやすくなるようTwitter関連機能では、現在地周辺のランドマークに関するつぶやきを検索する「周辺検索」、ユーザー自身がよく使う言葉で検索できる「おまかせ検索」をサポートする。同アプリでは、利用すればするほどポイントが付与されるようになっており、同アプリだけのキャラクターをアバターのように着飾ったりすることができる。

 このほか、パナソニックグループで取り組む「エコナビ」もサポート。これもアプリとして利用できるようになっており、あらかじめ設定したバッテリー残量になると「ecoモード(省電力モード)」に切り替わる「オートecoモード」に対応する。さらにタスク管理機能も有しており、Androidのマルチタスクで、ユーザーが終了し忘れたアプリが存在する場合、液晶がオフになると指定したアプリを自動終了することもできる。また、Android Marketでは、電力消費の激しいアプリも存在することから、インストールしたアプリの電力消費状況をチェックし、一目でわかるよう表示することもできる。

 “グランスデザイン”と名付けられた外観は、2色の層が側面をぐるりと囲み、背面は全体的に丸みを帯びたフォルムとなる。ボディカラーは、BlackとWhiteの2色。

 spモード、ドコモマーケット、GPS、ワンセグ、赤外線通信、FOMAハイスピード(下り最大7.2Mbps/上り最大5.7Mbps)、国際ローミング、Wi-Fi、Bluetooth、Flash Player 10.1、microSDHCカード(最大32GB)に対応する。おサイフケータイは非対応。

 大きさは約128×67×14mm、重さは約140g。連続待受時間は約340時間、連続通話時間は約230分。


 


      左がWhite、右がBlack
側面に2色の層。Whiteはピンク系の配色 Blackは紫系の配色 画面下部のボタン 右側面
左側面 背面 上部に電源ボタンやmicro USBポート 下部
画面下部の円のどちらかをなぞってロックを解除 左側の円をなぞってロック解除するとランチャーは左に 右の円でロック解除するとランチャーも右に ホーム画面、左から2番目
3番目 4番目 5番目 アプリ一覧、一番左の画面
左から2番目の画面 3番目 4番目 5番目
タスク管理アプリ。エコナビアプリとは別 設定メニュー。標準的なAndroidの仕様は、できるだけカスタマイズしないようにしているとのこと プリセットアプリの1つである「プリプリMARRON」 ホーム画面をカスタマイズできる「壁紙デコ」
「壁紙デコ」 フィットキー テンキーを右隅に やや左上に
縦長にして左寄りに やや左に縮小 キートップをカスタマイズ 装飾したところ
プリセットアプリの1つ「Future Plus(フューチャープラス)」 「Future Plus」の設定画面 キャラクターを設定 SNSなどを一覧表示
ニュースや天気予報なども SNSアカウントなどの設定 「エコナビ」アプリ オートecoモードの設定とecoモード時に使う機能の設定
象徴中に動作するアプリの設定画面。アプリの電池消費度合いも確認できる

 



(関口 聖)

2011/5/16 12:13