記事検索
最新ニュースIndex

「Skype au」は12月以降も無料、フィーチャフォン版も提供へ


T007に搭載されたSkypeのアイコン(ダウンロードページへのリンク)

 KDDI、沖縄セルラーは、これまでスマートフォン向けに提供していた通話・メッセージングサービスの「Skype au」を、BREWアプリで携帯電話(フィーチャーフォン)向けにも提供する。フィーチャーフォンの対応機種は夏モデルで、S007、T007、CA007、T008、K009。

 今回の対応により、フィーチャーフォンでも「Skype」を利用した無料の通話や、チャットが可能になる。Skype同士での通話は無料で、予めSkypeクレジットを購入することで割安な国際電話も可能。「Skype au」から国内の電話番号に発信した場合は、端末の電話番号からの発信に切り替わり、通常の通話料がかかる。なお、チャットやコンタクトリスト、ステイタス表示、発着信時のID認証などでパケット通信料がかかる。

「Skype au」12月以降の料金体系

 スマートフォン向けを含む「Skype au」では、2011年12月以降の料金体系が発表されていなかったが、一部を除き、月額料が無料のサービスとして継続されることが明らかにされた。

 Skype auの月額料が無料となるのは、パケット定額サービスの「ISフラット」を契約している場合。また、ISフラットを契約していない場合でも、プランMシンプル/プランM、プランLシンプル/プランL、プランLLシンプル/プランLL、デイタイムLシンプル/デイタイムL、シンプルプランLでは月額料は無料。プランSSシンプル、プランEシンプルなど上記以外の料金プランの場合、「Skype au」を利用した場合に月額980円が発生する。

 




(太田 亮三)

2011/5/17 15:22