記事検索
最新ニュースIndex

「XPERIA acro IS11S」に不具合、ソフト更新開始


 KDDI、沖縄セルラーは、ソニー・エリクソン製のAndroidスマートフォン「XPERIA acro IS11S」の不具合を修正するソフトウェア更新サービスの提供を開始した。

 不具合は、ブラウザなどのアプリケーションを起動している場合に勝手にリセットするというもの。最新版のソフトウェアを適用することで事象が解消される。

 なお、アップデートは3G経由、Wi-Fi経由、パソコン経由の3通りの方法が用意されている、このうち3G経由でバージョンアップする場合は、パケット通信料が発生するので注意が必要だ。KDDIでは、パケット定額サービスの加入を確認した上でアップデートするよう案内している。

 更新時間は約15分で、この間、緊急通報を含めた通話やメールなどスマートフォンの操作は受け付けない。また、ソフトウェア更新後、データ更新処理のために数分〜数十分間動作が遅くなる場合があるとしている。海外ローミングではソフトウェア更新できない。

 

(津田 啓夢)

2011/7/26 15:38