記事検索
最新ニュースIndex

Sony Ericsson、Androidスマートフォン「Live with Walkman」


 英Sony Ericsson(ソニー・エリクソン)は、ソーシャル機能が充実したAndroidスマートフォン、「Live with Walkman」を発表した。2011年第4四半期より海外市場で販売される。

 「Live with Walkman」は、ワンボタンで音楽プレーヤーアプリが起動できるハードウェアボタンを搭載するスマートフォン。Android 2.3搭載。

 Facebookと連携して楽曲情報を共有したり、新たな楽曲を見つけたりでき、撮影した写真や電話帳、カレンダーなどもFacebookと連携できる。また、ソニーの音楽&動画コンテンツサービス「Qriocity」にも対応する。

 3.2インチ、480×320ドットのディスプレイ、1GHz駆動のCPU、720pのHD動画も撮影可能な500万画素カメラ(AF付き)Skype用のフロントカメラなどが搭載されている。音楽機能としては、音を強調してより迫力のある音楽が楽しめる音楽技術「xLOUD」や、楽曲認識機能「TrackID」などもサポートされる。

 対応通信方式は、UMTS(W-CDMA)の850/1900/2100MHz帯およびGSM/GPRS/EDGE 850/900/1800/1900MHz帯、UMTS(W-CDMA)の900/2100MHz帯およびGSM/GPRS/EDGE 850/900/1800/1900MHz帯をサポートする。バッテリー容量は1200mAh。大きさは56.5×106×14.2mmで、重さは115g。

 なお、日本法人となるソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズでは、「Live with Walkman」の国内販売について、その予定は「ない」とコメントしている。


 

(津田 啓夢)

2011/8/23 12:44