記事検索
最新ニュースIndex

「GALAPAGOS(A01SH)」発売、秋葉原や有楽町で発売イベント


ヨドバシカメラ
ビックカメラ

 8月30日、イー・モバイル(イー・アクセス)より、国内初のAndroid 3.2搭載端末「GALAPAGOS(A01SH)」の販売が開始された。東京・秋葉原のヨドバシカメラ、有楽町のビックカメラでは、それぞれ発売記念セレモニーが行われた。

 「GALAPAGOS(A01SH)」は、7インチ液晶、デュアルコアCPU(NVIDIA Tegra 2)を搭載し、重さ約389gを実現したAndroidタブレット端末。国内初のAndroid 3.2搭載モデルとなる。

 登壇したイー・アクセスの代表取締役会長の千本倖生氏は、GALAPAGOS A01SHの登場によって、タブレット端末の市場に新しい世界が訪れるとした。イー・モバイルは、ネットブック端末とデータ通信端末をセット販売する、いわゆる「100円PC」で契約数を伸ばしてきた。千本氏はネットブックの問題点を指摘して、「起動に時間がかかり、重い。いろいろな意味で使いにくい」などと話した。

 また、「GALAPAGOS A01SHは、サイズが手頃で片手で使える。女性のハンドバックにも入る。起動も速く、電池ももつ画期的な端末。夏休みにデモ機で遊びまくっていたが、軽井沢の山荘ではコレ(GALAPAGOS A01SH)に小説をたくさん入れて、ハードコピーの本は一切持っていかなかった」などとエピソードも語った。

 このほか、シャープの執行役員で通信システム事業本部長の大畠昌巳氏は、「国内初のAndroid 3.2端末ということで、開発スタッフが最後の最後までチューンナップした。ワクワクしている」などと話した。

 秋葉原のセレモニーではテープカットが実施され、有楽町ではくす玉割りが行われた。有楽町のビックカメラでは、毎度恒例となっているビックカメラのスタッフによる「GALAPAGOSマン」と「GP02マン」が登場した。今回のイベントでは、GP02マンに子役が起用され、神輿にかつがれて登場した。一風変わった企画に会場は盛り上がっている様子だった。

 なお、ビックカメラ有楽町店での予約状況は40人程度という。売り場スタッフは予約用の端末とは別に在庫も確保していると話していた。価格は、GP01とGALAPAGOS A01SHのセット(にねんMAX適用)で、頭金4800円と案内されており、端末単体購入の場合は4万4800円となる。また、秋葉原では、フレッツ光と光ポータブルとのセットで店頭価格100円、有楽町では、GP02とのセットで3万円引きと案内されていた。

ヨドバシカメラのテープカット、頭上のモニターには板野友美 ビックカメラでは球体が設置されていた
中からGALAPAGOSマンが登場 GALAPAGOSマンとGP02マン、神輿の担ぎ手
ヨドバシカメラ店頭 ビックカメラ店頭

 




(津田 啓夢)

2011/8/30 12:11