記事検索
最新ニュースIndex

ドコモ、他社製スマートフォンをパケット定額対象に


 NTTドコモは、ソフトバンクのスマートフォン「008Z」をドコモのSIMカードで使う際に、パケット定額サービスの適用範囲になるとして料金プランをまとめている。

 「008Z」は、Android 2.3を搭載したZTE製のスマートフォン。ソフトバンク端末としては初のSIMロック解除対応端末端末となる。8月17日より販売が開始された。

 NTTドコモでは、他社製端末などをドコモのSIMカードで利用した場合、パケット通信料はパソコンなど、外部機器を接続した場合の上限額となる1万395円が適用されるとしている。

 しかし、他社製端末がテザリング非対応であることなどをドコモ側で確認した端末については、指定のアクセスポイントを設定することで、ドコモのスマートフォンと同じパケット定額サービスが受けられるとしている。

 8月31日、ドコモは「008Z」のうち、製造番号の頭8ケタが「35732604」のモデルについてはパケット定額対象になると案内を開始した。なお、「パケ・ホーダイ フラット」を利用料は月額5460円となっている。

 




(津田 啓夢)

2011/8/31 16:25