記事検索
最新ニュースIndex

次期Android搭載、1.5GHzデュアルコアにHD液晶搭載の「104SH」


「AQUOS PHONE 104SH」 オレンジ×ブルー

 「AQUOS PHONE 104SH」は、“次期プラットフォーム”を搭載するシャープ製のスマートフォン。2012年春に発売される。ソフトバンクモバイル、代表取締役社長の孫正義によると“次期プラットフォーム”とは、「グーグルのAndroid」とのこと。投入時期などを考えると、「Ice Cream Sandwich」(コードネーム)とみられる。

 ただし、「中身に関しては発表していない」(同氏)というように、あくまで外観とハードウェアスペックのみを披露した“開発表明”に近い形となる。OSは「発売時点で、最新の機能が取り込まれたもの」(同氏)が採用される。実際のソフトウェア開発は次期プラットフォームが発表された後からとなり、現時点ではハードウェアの試作が行われている段階だ。シャープ独自のUIが搭載されるかどうかも未定。次期プラットフォームの規定次第では、「ボタンの位置などが変更される可能性もゼロではない」(説明員)という。ワンセグ、おサイフケータイ、赤外線通信には非対応で、国内向けの仕様を省いたのは、開発のスピードを重視したためだ。

 「AQUOS PHONE 104SH」は、上記の“次期プラットフォーム”に加えて、1.5GHz駆動でデュアルコアのCPU、OMAP4460を搭載。4.5インチ、720×1280ドット(HD)の液晶を搭載し、1210万画素カメラを装備。ULTRA SPEEDという名称で展開されている、21MbpsのHSPA+に対応するハイエンドモデルになる。シャープ製端末の特徴として、さまざまな省電力モードを設定できる「エコ技」に対応している。設定すると、約50%近くの節電が実現する。

 防水・防塵にも対応しており、それぞれIPX5/7、IP5Xとなる。Bluetooth、GPSに対応。緊急地震速報に加えて、国や地方公共団体が発信する災害・避難情報の速報通知も受信できる「緊急速報メール」をサポートする。DLNA/DTC-IPの仕組みを利用した「Smart Familink」にも対応する予定だ。ただし、HDMI端子は搭載されていない。

 カメラは1210万画素のCMOSカメラで、サブカメラは30万画素。フルHDで30fpsの動画撮影も可能になっている。なお、メインカメラに光学手ブレ補正機能は搭載されない。

 通信速度はULTRA SPEED対応で、下り最大21Mbps、上り最大5.7Mbps。Wi-FiはIEEE802.11b/g/n。

 バッテリー容量は1520mAh。大きさは129×65×8.7mm(暫定値)。重さや連続待受時間、連続通話時間については測定中とされている。ボディカラーはオレンジ×ブルー、ブルー×ブラックの2色(色名称は暫定)。

オレンジ×ブルー ブルー×ブラック

 




(太田 亮三 / 石野 純也)

2011/9/29 12:18