記事検索
最新ニュースIndex

ソフトバンクの登録システムに不具合、受付終了から一転再開へ


 ソフトバンクモバイルは、契約情報を登録システムのトラブルに伴って、10月14日の携帯電話の契約受付を午前11時で終了することを明らかにした。現在、受付業務は再開している。

 ソフトバンクモバイルによると、契約時に情報を登録するバックエンドのシステムが停止したという。現在、顧客情報は書類により受け付けている状態で、11時までに受付業務を終了する。

 iPhone 4Sに限らず、ソフトバンクモバイルの全ての携帯電話およびスマートフォンの登録業務が全国的に11時でストップすることになる。原因は登録システムの不具合によるもの。

 なお、店舗によって、店舗側の判断で予約などを受け付けている場合もあるが、契約システム自体はすでに停止状態にある。多くのユーザーが並んでいる店舗などでは、契約手続きを断っている場合もあるようだ。

 ソフトバンクは14日、華々しい祝砲とともにiPhone 4Sの発売記念セレモニーを行った。代表取締役社長の孫正義氏は囲み取材の中で、iPhone 4Sの予約状況が好調であることを伝えていた。また今回よりiPhoneシリーズを販売するKDDIよりも、「iPhoneについて知り抜いている」などと話していたが、少なくとも登録システムについて経験が活かされることはなかったようだ。ソフトバンクでは現在、システム復旧を急いでいるという。

 一方、KDDIでは契約システムにトラブルは発生していないとのこと。ただし、大阪の心斎橋にあるアップルストアにおいては、契約を行う店頭のパソコンにセットアップミスがあり、復旧作業を行っているという。

【追記 11時25分】
 ソフトバンクモバイルは、登録システムが復旧し、販売を再開したと発表した。システムは、受付開始の8時直後より11時過ぎまで停止していたとしており、この間、手作業での処理となった。このため、システム自体は復旧したものの、店舗によっては手作業で受け付けた分の処理によって、契約受付をすぐに再開できていない場合もあるという。

 なお、ソフトバンクモバイルによると、システムが停止していた期間は、他社とMNP作業についても停止状態にあったとしている。一方、同じくiPhoneを販売するKDDIでは、ソフトバンクの不具合によるMNPの影響はないとしている。

 MNPでトラブルが発生した場合、通常、ソフトバンク側からトラブルが発生している旨がKDDI側に通知される約束になっているという。KDDIでは、「ソフトバンク側からMNPシステムについてトラブルの案内がない」として、影響がないとの見解を示している。

 

(津田 啓夢)

2011/10/14 10:48