記事検索
最新ニュースIndex

ノキア、Windows Phone2機種を発表


Nokia Lumia 800

 ノキアは、26日、英国ロンドンでプライベートイベント「Nokia World 2011」を開催し、Windows Phone搭載のスマートフォン「Nokia Lumia(ルミア) 800」「Nokia Lumia 710」を発表した。また、その他の新機種もあわせて発表されている。

 「Nokia Lumia 800」「Nokia Lumia 710」は、ノキア初のWindows Phoneベースのスマートフォン。ノキアは今年2月、マイクロソフトとの提携を発表しており、今回その成果が発表された。

 3.7インチディスプレイを採用し、ソフトウェアプラットフォームがWindows Phone(Mango)という「Nokia Lumia 800」は、3.7インチ、800×480ドットの有機ELディスプレイや800万画素カメラ(カールツァイスレンズ)を搭載する。内蔵ストレージは16GBで、チップセットがMSM8255(CPUは1.4GHz駆動)となる。W-CDMA(HSPA)、GSMに対応し、Bluetooth 2.1、GPS、Wi-Fi(IEEE802.11 b/g/n)が利用できる。同社がヘッドターニングデザイン(Head-turning design)と呼ぶ外観は、Meego OS搭載スマートフォン「N9」と同等と思える形状で、ディスプレイ面がややカーブしている。ボディカラーはシアン、マゼンタ、ブラックという3色展開。TwitterやFacebook、LinkedInといったソーシャルサービスとの連携機能を備えるほか、HTML5対応のブラウザ「Internet Explorer 9」が利用できる。このほかノキアのナビアプリや地図アプリ、ストリーミングサービス「Nokia Music」などをサポートする。大きさは116.5×61.2×12.1mm、重さは142g。価格は420ユーロ。

Nokia Lumia 710

 もう一方の「Nokia Lumia 710」は、3.7インチ、800×480ドットのTFT液晶ディスプレイのWindows Phone 7.5搭載スマートフォン。チップセットは1.4GHz CPUのMSM8255、内蔵ストレージは8GBとなる。W-CDMA(HSPA)、GSMに対応し、Bluetooth 2.1、GPS、Wi-Fi(IEEE802.11 b/g/n)が利用できる。こちらもFacebook、Twitter、LinkedInといったソーシャルサービスとの連携が可能で、地図アプリ、ナビアプリなどが利用できる。ボディカラーは前面がブラック、ホワイト、背面がブラック、ホワイト、シアン、ピンク系統のフクシア(fuchsia)、イエローとなる。大きさは119×62.4×12.5mm、重さは125.5g。価格は270ユーロ。

 発売時期については、「Nokia Lumia 800」は11月中にフランス、ドイツ、イタリア、オランダ、スペイン、英国で発売される。香港やインド、ロシア、シンガポール、台湾では年内に登場する。その他のマーケットでは2012年早期とされている。「710」については香港、インド、ロシア、シンガポール、台湾で年内に発売されるとのこと。両機種ともに米国では2012年の早期に、中国本土では2012年前半に発売される計画という。地域によってはCDMA版、LTE版も用意される。

 このほか、ノキアが「スマートフォンとフィーチャーフォンの中間」と位置付ける新機種として、Symbian S40を採用しQWERTYキーを備える「Nokia Asha 303」、テンキー搭載のS40 9.2搭載の「Nokia Asha 300」、デュアルSIM対応のS40端末「Nokia Asha 200」、シングルSIM版のS40端末「Nokia Asha 201」もあわせて発表されている。
Nokia Asha 303 Nokia Asha 303 Nokia Asha 303 Nokia Asha 303 Nokia Asha 303
Nokia Asha 300 Nokia Asha 300 Nokia Asha 300 Nokia Asha 300 Nokia Asha 300
Nokia Asha 201 Nokia Asha 201 Nokia Asha 201 Nokia Asha 201 Nokia Asha 200




(関口 聖)

2011/10/26 19:25