記事検索
最新ニュースIndex

MM総研調査、2011年度上期の国内携帯電話出荷は2000万台市場に


 MM総研は、2011年度上期(4〜9月期)の国内携帯電話出荷台数を調査し、結果を明らかにした。

 2011年度上期の携帯電話出荷台数は、前年比6%増の2028万台。半期として2007年下期以来の2000万台市場になった。出荷台数のうち、スマートフォンは1004万台(49.5%)と、スマートフォンの需要が市場を牽引した格好。また、スマートフォンのうちAndroid端末は799万台(79.6%)となっている。

 携帯電話のメーカー別シェアは、11期連続でシャープが1位。出荷台数は前年同期比9.4%減の394万台、シェアは3.3ポイント減の19.4%。2位は富士通(富士通東芝を含む)で、出荷台数は18.6%増の338万台、シェアは1.8ポイント増の16.7%。3位はソニー・エリクソンで、出荷台数は83.1%増の260万台、シェアは5.4ポイント増の12.8%。4位はパナソニックで、出荷台数は19.9%減の209万台、シェアは3.3ポイント減の10.3%。5位はAppleで、出荷台数は40.3%増の188万台、シェアは2.3ポイント増の9.3%。

 スマートフォンに絞った場合、2011年度上期のメーカー別シェアは、シャープが出荷台数288万台、シェア22.7%で1位。2位はソニー・エリクソンでシェア22.2%、3位はAppleでシェア18.7%となっている。

 MM総研では、2011年度通期の出荷台数を4160万台と予測しており、このうちスマートフォンは56%の2330万台という予測を明らかにしている。

2011年度上期における携帯電話・スマートフォンのメーカー別シェア

2011年度上期におけるスマートフォンのメーカー別シェア 2011年度上期におけるスマートフォンのプラットフォーム別シェア

 




(太田 亮三)

2011/10/27 17:00