記事検索
最新ニュースIndex

セブン&アイ、無料の公衆無線LANサービス「セブンスポット」


ロゴマーク

 セブン&アイ・ホールディングスは、コンビニやスーパー、百貨店、ファミリーレストランなどグループ各店舗で利用できる無料の公衆無線LANサービス「セブンスポット」を12月1日より開始する。

 「セブンスポット」は、セブン&アイのグループ各店舗で利用できる無料の公衆無線LANサービス。NTT東日本との協業により無線LANスポットをサービス展開する。無料の会員登録が必要で、通販サイト「セブンネットショッピング」の会員IDでも利用できる。

 1日3回までアクセス可能で、1回につき最大60分間利用できる。スマートフォンやタブレット、ノートパソコンなど、Wi-Fi対応機器で利用できる。セブンスポットの接続環境のみでダウンロード可能なコンテンツも配信され、開始当初はAKB48のクリスマス壁紙が用意される。期間は12月1日〜12月25日。

 サービス開始当初の利用可能店舗は、東京23区内のセブンスポットのロゴマークがある約770店。セブン-イレブン約700店舗、イトーヨーカドー22店舗、そごう・西武1店舗(西武池袋本店)、デニーズ約50店舗となる。セブン&アイでは、2012年2月末までに23区内で1300店舗に対応を拡大、さらに2013年2月末までに全国1万4000店舗へ展開する予定。

 このほかセブンスポットでは、ポータブルゲーム機「ニンテンドーDS」シリーズのWi-Fi通信機能を利用したサービス「ニンテンドーゾーン」が利用できる「7SPOTでDS」も一部店舗で提供される。ニンテンドーゾーンの通常サービスのほか、「7SPOTでDS」限定コンテンツも配信される。キャンペーンとして、コナミの「NEWラブプラス」とのタイアップ企画や体験版の配信、オリジナルプリペイドカード販売などが実施される。

 セブン&アイとNTT東日本は7月6日、地域の生活インフラ構築に向けて協業すると発表し、公衆無線LANサービスを提供するとした。セブンスポットはこの協業によるもので、セブン&アイでは、セブンスポットを無料とすることで、セブン-イレブンやイトーヨーカドーなどに新たな客層を呼び込みたい考え。AKB48やラブプラスによるキャンペーンも若年層を取り込むための施策で、若年層をきっかけにファミリー層をセブン&アイのグループ店舗に誘導していきたい方針だ。

 

(津田 啓夢)

2011/11/29 16:54