記事検索
最新ニュースIndex

ソフトバンクBB、iPadやiPhoneで地デジが見られるチューナー


 ソフトバンクBBは、iPadやiPhone、iPod touchで地上デジタル放送(地デジ)やBS/CS放送が見られる据え置き型のチューナー「デジタルTVチューナー」を12月22日に発売する。価格はオープン価格で、販売予想価格は1万5800円。

「デジタルTVチューナー」(左)と視聴アプリによる「ながら見モード」(右)

 

 今回発売される「デジタルTVチューナー」は、自宅などにあるアンテナケーブルを本体に接続することで、iPadやiPhone上で、無線LAN経由で地デジ、BS/CSデジタル放送が見られるという製品。「Softbank SELECTION」としてラインナップされる。視聴用アプリ「デジタルTV」は、12月21日よりApp Storeから無料でダウンロードできる。

 「デジタルTVチューナー」とiPadなどとの接続は無線LANで、IEEE802.11a/b/g/nをサポート。利用できる周波数帯は2.4GHz帯に加えて5.2GHz帯にも対応している。本体にはトランスコーダーが内蔵されており、放送波をHD画質のH.264形式にリアルタイムに変換し送信する仕組み。受信できる放送波は、地上デジタル放送(ISDB-T)、ケーブルテレビ(C13〜63、パススルー対応)、BSデジタル放送(ISDB-S)、110度CSデジタル放送(ISDB-S)。mini B-CASカードを採用し、アンテナ端子は地デジ用、BS/CSデジタル用の2つが装備される。チューナー本体はピクセラ製。

 視聴用アプリ「デジタルTV」では、横位置にした画面での視聴が可能で、字幕放送、音声多重放送に対応している。電子番組表、データ放送、放送の録画には非対応となっている。チャンネル切り替えはタッチ操作で行え、左右のフリックで選局、上下で放送種別をBSやCS放送に切り替えられる。また、リストからの選局や、チャンネル番号を入力して選局することも可能。

 縦画面で視聴する場合は、下半分の画面にWebブラウザを表示する「ながら見モード」を利用可能。端末が3Gに対応している場合はそのまま「ながら見モード」のWebブラウザを利用でき、iPadなどの端末がWi-Fiのみの場合は、「デジタルTVチューナー」にLANケーブルを接続することで無線LANアクセスポイントとして動作、「ながら見モード」のWebブラウザでインターネットにアクセスできるようになる。このWebブラウザには、テレビ局の番組表ページなどがあらかじめお気に入りとして登録されている。

 「デジタルTVチューナー」に対応する端末は、iOS 4.3.5以上のiPad、iPad 2、iPhone 4、iPhone 4S、iPod touch(第4世代以降)。なお、「デジタルTVチューナー」と端末は1対1で利用する仕組みで、同時に利用できる端末は1台まで。一方、複数の端末を切り替えて使うことは可能になっている。また、au版のiPhone 4Sでも「デジタルTVチューナー」およびアプリ「デジタルTV」を利用できるが、ソフトバンクBBでは、ソフトバンクモバイルが販売したiPhoneでのみ動作を保証する方針。

 電源はACアダプターを利用する。本体の大きさは150×150×35mmで、重さは約300g。

 なお、Android端末への対応は、「条件に対応でき次第」(ソフトバンクBB Softbank SELECTION商品統括部の石川純二氏)と対応を検討中。録画については、「ハードウェア的には対応の余地はある。ユーザーの声を聞きながら検討していきたい」(同)としている。


「デジタルTVチューナー」 背面の端子部
iPadで視聴しているところ。フルセグなので綺麗だ 選局は左右のフリック操作で行える
下半分にブラウザを表示できる「ながら見モード」も搭載

 

プレゼンテーション

 

(太田 亮三)

2011/12/20 18:18