記事検索
最新ニュースIndex

携帯・PHS各社、「おめでとうコール/メールは控えて」


 電気通信事業者協会(TCA)、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイル、ウィルコム、イー・アクセス(イー・モバイル)は、年末年始にやり取りされる、いわゆる「おめでとうコール」「おめでとうメール」について、遅延や通信規制の可能性を案内しつつ、なるべく控えるよう協力を呼び掛けている。

 例年、大晦日〜元日の午前0時から30分程度、年始の挨拶をする通話やメールが集中的にやり取りされる。おめでとうコール、おめでとうメールと呼ばれる、このコミュニケーションに対し、携帯各社は「できるだけ多くのメッセージを届ける」としつつも、場合によっては通信を規制して、繋がりにくい状態になることがある、としている。

 元日0時からの約30分間は通話・メールともにできない可能性がありメールは2時過ぎまで遅延する可能性がある。年末年始のやり取りは、こうした時間帯を避けたほうが良いだろう。




(関口 聖)

2011/12/21 16:40