記事検索
最新ニュースIndex

ソフトバンクの「プリモバイル」、1年以内のMNPには解除料が必要


 ソフトバンクモバイルは、料金を事前に支払うプリペイド式の携帯サービス「プリモバイル」において、4月4日より提供条件を改定する。

 4月4日以降、プリモバイル契約から1年以内に解約、およびMNPによる転出を行う場合に、契約解除料として9975円がかかるようになる。対象となるのは、4月4日以降にプリモバイルを契約するユーザー。

 なお、プリモバイルは、プリペイドカード登録翌日から60日間の「利用有効期間」があり、さらにこの「利用有効期間」の終了翌日から360日間は電話番号が有効で、プリペイドカードを買い直せば、また同じ電話番号で利用できる。360日を経過すると自動解約となり、その場合は契約解除料はかからない。

 ソフトバンクでは、提供条件を改定する理由を「1年以内に解約するユーザーが増加しており、サービスの現状維持が困難なため」と説明している。プリモバイルは通常、360日を経過すれば自動的に解約となるが、ここ最近は解約が急増している状況という。具体的な数こそ公表していないが、解約するユーザーは2010年度の2倍以上に拡大しており、特に2011年末以降は解約が加速している。

 さまざまな要因が考えられるが、電話番号をそのままに他社携帯電話サービスに移行できるMNP制度が関係しているようだ。

 MNP制度を利用して他社に乗り換えると、ショップなどで大幅な割引きが受けられる場合がある。一旦プリモバイルを契約してからMNPを利用することで、より安価に新しい端末が入手できることがあるというわけだ。ソフトバンクでは、解約急増の要因について断定的ではないものの、「他社の施策によってMNP制度を利用した解約が増えていると推測される」と話している。MNPの制度上、プリペイドサービスだけMNPを禁止するといった措置は取れないため、今回のように契約解除料を設定することになったようだ。

 




(津田 啓夢)

2012/3/5 16:50