記事検索
最新ニュースIndex

福岡市地下鉄の駅で「au Wi-Fi SPOT」とWiMAX、利用可能に


 KDDIは、3月30日より順次、福岡市地下鉄の駅構内で公衆無線LANサービス「au Wi-Fi SPOT」のアクセスポイントを設置する。

 「au Wi-Fi SPOT」は、auのスマートフォンユーザーが無料で利用できる公衆無線LANサービス。スマートフォンだけではなく、タブレット端末やパソコンでも利用できる。3月30日からは福岡市地下鉄の空港線(姪浜、赤坂、天神、中洲川端、祇園、博多、東比恵、福岡空港)と箱崎線(貝塚)で利用できるようになる。また4月末からは空港線の室見、藤崎、西新、唐人町、大湊公園で、箱崎線の呉服町、千代県庁口、馬出九大病院前、箱崎宮前、箱崎九大前で、七隈線の橋本、次郎丸、賀茂、野芥、梅林、福大前、 七隈、金山、茶山、別府、六本松、桜坂、薬院大通、薬院、渡辺通、天神南で利用できるようになる。

 このほかKDDIでは、3月12日付けで、「au Wi-Fi SPOT」が全国8万カ所になったとあわせて発表。今後も拡充を進め、3月末には約10万カ所にする予定。

 またUQコミュニケーションズでは、同じく福岡市地下鉄の駅構内やトンネル内でWiMAXを利用できるようにする。3月末から空港線赤坂駅〜福岡空港駅の7駅がサービスエリアとなり、4月末までに空港線室見駅〜大濠公園駅間、箱崎線、七隈線でサービスが開始される。駅からトンネルに向けて電波を発射してサービスエリアにする仕組みで、トンネル内でも利用できるようになる。ただ、駅と駅の間で高低差が大きいトンネル、大きく曲がるトンネルなどは電波が届かず、圏外になる見込み。今回の取り組みで、福岡市地下鉄の全線でWiMAXが利用できるようになる。




(関口 聖)

2012/3/12 16:35