記事検索
最新ニュースIndex

日本通信、プラン変更に対応したLTE対応の「カメレオンSIM」


「b-mobile4G カメレオンSIM」

 日本通信は、NTTドコモのLTE網に対応し、料金プランを後から変えられるプリペイド型のデータ通信SIMカード「b-mobile4G カメレオンSIM」を3月31日に発売する。最初に購入するパッケージは5800円で、これには初期手数料3150円と、21日間の通信料金が含まれている。通常SIM版とmicro SIM版の2種類が用意される。

 「カメレオンSIM」は、プリペイド型のデータ通信専用SIMカード。NTTドコモのLTE網に対応しており、SIMロックフリーの対応機器にこのSIMカードを装着すれば、ドコモのLTE網で通信が可能になる。LTEの圏外ではドコモの3G(FOMA)に対応する。通信方式にW-CDMA/HSPA/LTEを採用し、2100MHzまたは800MHz帯に対応した端末で利用できる。

 なお、ドコモが販売している端末については、SIMロック解除の手続きなしでも利用できるが、テザリングやiモードなどキャリア独自のサービスには対応しない。

 通信速度は端末に依存する形になるが、サービス上の理論値では、LTEで下り最大75Mbps、上り最大25Mbpd、3Gで下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbpsとなる。

 初期購入パッケージには21日間(あるいは3GB分)の通信料金が含まれている。21日間の期間が終わるまで、もしくはその後10日間のうちに次のプランをWebブラウザから選択することで、継続して利用できる。選択したプランは、有効期間終了後に変更することが可能で、利用形態に合わせて自由に変更できる。

 選択できるプランは、通信速度を制限した「U300」が2480円(30日間)、LTEの通信速度を活用できる「高速定額」が5400円(30日間もしくは5GBまで)、「1GBフェア」が8800円(120日間もしくは1GBまで)となっている。料金の支払いはクレジットカード。また、それぞれのプランに合わせたオートチャージが設定されている。なお、通信速度を制限した「U300」だが、LTEの応答速度が速いため、LTEエリアでは3Gの「U300」より体感速度が向上しているという。

 対応端末では、テザリングの利用も可能。直近3日間で300万パケット(約360MB)の通信、または1カ月間で1000万パケット(1.2GB)を利用した場合や、P2Pアプリなど連続したデータ通信にはトラフィック制限が設けられる場合がある。付与されるIPアドレスはプライベートIPアドレスとなっている。


 

 




(太田 亮三)

2012/3/27 13:48