記事検索
最新ニュースIndex

RIMが「BlackBerry World 2012」開催、「BlackBerry 10」公開


RIMのPresident & CEO、Thorsten Heins氏

 カナダのリサーチ・イン・モーション(RIM)は、米国・フロリダ州のオーランドで「BlackBerry World 2012」という開発者向けのイベントを開催した。初日にあたる1日(現地時間)にはキーノートセッションが行われ、1月に同社のPresident & CEOに就任したThorsten Heins氏らが登壇。BlackBerryというプラットフォームの強みや、年内に製品が登場するという「BlackBerry 10」が紹介された。

 キーノートの冒頭、Heins氏はBlackBerryを「ハードとソフトが統合された、モバイルサービス」と解説。他のスマートフォンと大きく異なる点として「生産性」を挙げ、「BlackBerryは成功を作り上げるためのもの」と語った。実際、スマートフォン全体と比べ、アプリケーションのダウンロード率や、各種ソーシャルネットワークサービスやツールへのアクセス率が、BlackBerryは高いという。たとえば、スケジューラーなどのツールを毎日利用する人の割合は、一般的なスマートフォンが65%なのに対し、BlackBerryでは92%となっている。こうしたデータを引用しつつ、Heins氏は「BlackBerryのターゲットは目的を持った人」と語る。次期プラットフォームのBlackBerry 10では、この生産性をさらに高め、「普通のスマートフォン以上のもの」(Heins氏)を提供していく方針だ。

 続けてHeins氏は、BlackBerryプラットフォームの最新版にあたるBlackBerry 10を紹介。ハードウェアは開発者向けのα版とのことで、製品は「年内遅めの時期には登場する」(Heins氏)見込みだ。BlackBerry 10は、RIMが買収したQNX社のOSをベースに開発された。ドコモから発売中の「Black Berry Bold 9900」などに採用される「BlackBerry OS 7.0」とはベースとなる技術が異なり、マルチタスクやタッチに最適化されたユーザーインターフェイス(UI)も備える。現在、タブレットの「BlackBerry PlayBook」にもQNXベースのOSが搭載されているが、BlackBerry 10はこの系譜を受け継いだプラットフォームといえるだろう。キーノートではOSの詳細については言及されなかったが、「Cascades」と呼ばれるUIや、ソフトウェアキーボード、カメラ機能などのデモで、特徴の一端を垣間見ることができた。
キーノートでは、オーガニゼーションツール(スケジューラーなど)の利用率が高いというデータが示された Heins氏が披露した、BlackBerry 10搭載のデモ機
画面が重なるように表示されるUI

 UIには、開いた画面が積み重なっていくようなエフェクト採用されており、フリックでスムーズに切り替えられる。BlackBerryの特長ともいえるキーボードの打ちやすさも、ソフトウェア上に再現。アルファベットを打っていくとキーの上に単語の候補が表示され、フリックするだけでその文字を入力できるという。カメラについては、“過去を写せる”機能が紹介された。これによって、目をつぶってしまったり、表情がいまいちだったりといった失敗を防ぐことが可能だ。仕組みは明かされなかったが、おそらく撮影時に動画で残しておいた映像を、あとから写真に切り出しているものと思われる。
写真内の顔を認識し、その部分の時間をさかのぼることが可能
キーの上に単語の候補が表示される ベースとなるQNXのOSは車載システムにも採用されている
RIMのVice President of Global Alliances & Business Development、Martyn Mallick氏

 また、同キーノートではRIMのVice President of Global Alliances & Business DevelopmentのMartyn Mallick氏が、BlackBerryのエコシステムが優れている点を強調。「アプリを提供するパートナーに100%コミットしている」と語った。Mallick氏によるとアプリのエコシステムが成功する鍵は3つあり、「プラットフォーム、ツールとグローバルな配信の仕組み」がそれにあたるという。RIMはBlackBerryというプラットフォームを展開しており、SDKなどのツールも提供している。その上で「BlackBerry App World」というストアで、全世界にアプリを配信。「クレジットカードがない人もいるが、ペイパルやキャリア課金も利用できる」(Mallick氏)と、有料アプリに対する支払い方法の多様性に触れながら、BlackBerryが3つの要素をすべて備えていることをアピールした。キーノートセッションには、音楽アプリやカメラアプリ、ゲーム、電子書籍アプリなどの開発者もゲストとして登壇し、BlackBerry 10で実現する従来以上にリッチなアプリを披露した。
成功の鍵は、プラットフォーム、ツール、配信の3つにあるという キーノートには、アプリの開発者も登壇した。写真はパノラマ写真を簡単に作成できるアプリで、ジャイロセンサーを利用しているという
スマートフォン向けゲームアプリの大手Gameloftは、BlackBerry 10向けに開発しているタイトルを紹介 Fishlabsというゲーム開発会社も、BlackBerry 10向けに家庭用ゲーム機並みのクオリティのタイトルを開発している
PixelMagsの開発する電子書籍アプリ。定額プランも用意している

 キーノートセッション終了後、プレスルームで開発者用のα版BlackBerry 10を搭載したデバイスに触ることができた。RIMのアジア・パシフィック地区広報担当によるとハードはデモ用リファレンス機で、ディスプレイは1280×768ドットで4.2インチとのこと。OMAPのデュアルコアCPUを搭載しており、スペックとしてはグローバルで発売中のPlayBookに近いという。カメラの画素数なども不明。メニュー内にはNFCという項目もあったが、ハードとしては搭載していないという。なお、デモ機には日本語フォントも内蔵されており、ブラウザでは本誌を表示することができた。

側面にはボタンや各種端子を備える
画面ロックボタンやイヤホンジャックも装備 端末下部にはスピーカーが内蔵されていた
カメラ起動時のUI。なお、キーノートで紹介された機能は利用できなかった 画面を下から上にフリックするとタスクを切り替えられる。PlayBookに近いUIだが、これはあくまで仮のものだ
設定メニュー。NFCの項目も表示できた BlackBerry 10を搭載した開発者用の試作機。本誌も表示できた

(石野 純也)

2012/5/2 15:45