記事検索
最新ニュースIndex

ソニー、LTE対応で日本向け「Xperia GX」「Xperia SX」


 ソニーモバイルコミュニケーションズは、LTE対応のスマートフォン新機種として、約4.6インチディスプレイの「Xperia GX」、重さ95gの「Xperia SX」の2機種を発表した。グローバルでの発表ながら、日本において2012年夏以降に発売される。

 詳細なスペックは明らかにされていないが、両機種に共通する仕様は、Android 4.0、1.5GHz駆動のデュアルコアプロセッサ、裏面照射CMOSセンサー「Exmor R for mobile」など。どのキャリアで発売されるか明らかにされていないが、どちらもおサイフケータイに対応している。また、ソニー(SONY)ブランドのスマートフォンになるという。

Xperia GX

 約4.6インチディスプレイの「Xperia GX」は、日本向けのXperiaとしては、初めてLTEに対応したモデルで、下り最大75Mbpsで通信できる。おサイフケータイ対応で、その外観は、「Xperia arc」で採用されたアーク形状を踏襲したもの。最薄部は約8.6mmで、外装はマットな質感の塗装が施されている。1300万画素カメラを搭載する。内蔵ストレージは16GB。WhiteとBlackの2色。
Xperia GX(Black) Xperia GX(White)

Xperia SX

 「Xperia SX」は、同時発表の「Xperia GX」と同じく、LTEに対応し、Android 4.0を搭載、1.5GHzデュアルコアプロセッサ備えつつ、薄さ9.4mm、重さ約95gとコンパクトに仕上げられたスマートフォン。3.7インチディスプレイ、800万画素カメラを搭載する。赤外線通信やおサイフケータイ、ワンセグなどもサポートする。デザインは、「Xperia GX」と異なり、筐体全体が縦と横のラインで4つのブロックに分けられている。内蔵ストレージは8GB。BlackとWhiteの2色が発表されている。
Xperia SX(White) Xperia SX(Black)

音楽再生アプリは「WALKMAN」

 共通する仕様として、ソニーのテクノロジーやサービスと結びついた音楽アプリ、アルバムアプリ、映像アプリが挙げられる。

 音楽再生アプリは、ソニーの音楽プレーヤーブランド「WALKMAN」を冠しており、クリアオーディオテクノロジー、バーチャルサラウンド技術などを搭載するほか、音楽を解析して表現する「Visualizer(ビジュアライザー)」、Facebookで繋がる友人のお薦め楽曲一覧の自動生成機能などが利用できる。

 アルバムアプリは、写真や動画を月別で分類したり、地図上で撮影した場所を表示できる。またサムネイル一覧画面で、2本の指を使って操作すると、サムネイルを拡大・縮小して、スピーディに閲覧できる「ピンチズーム」をサポートする。映像アプリは、Gracenoteのメディア情報データベースと連携し、出演者などの情報を追加できる。

 このほか、テレビ接続専用のユーザーインターフェイス「TV Launcher」も用意される。

(関口 聖)

2012/5/9 10:03