記事検索
最新ニュースIndex

ドコモのらくらくスマートフォン専用「らくらくパケ・ホーダイ」


 NTTドコモは、シニア向けスマートフォン「らくらくスマートフォン F-12D」の発売にあわせ、同機種専用のパケット定額サービス「らくらくパケ・ホーダイ」を提供する。

 「らくらくパケ・ホーダイ」は、月額2980円のフラット型パケット定額サービス。通常の「パケ・ホーダイ フラット」は月額5460円だが、それよりも2480円安い。そのかわり、通信量が500MBに達すると、通信速度が送受信最大128kbpsになる。ただし9月末までは500MBを超過しても速度制限がかからない。「らくらくスマートフォン F-12D」の発売(7月〜8月)にあわせて提供が開始される。

 500MBという通信量は、Webサイトの閲覧(1ページ300KB程度)であれば1700ページ分、着うたのような音楽データであれば540分程度になるとのこと。

 契約時には、日割りでは計算されず、国際ローミング中のパケット通信、SMS、通話は定額対象外となる。なお、「プラスXi割キャンペーン」の1契約目の対象となる。また利用には、別途「spモード」契約(月額315円)が必要となる。またらくらくスマートフォンでいったん「らくらくパケ・ホーダイ」を契約しながら、らくらくスマートフォン以外の機種にSIMカード(FOMAカード)を差し替えて利用すると、通常のパケ・ホーダイ フラットと同額(5460円)に変更される上、500MBの通信量制限がそのまま適用される。




(関口 聖)

2012/5/16 12:06