記事検索
最新ニュースIndex

下り最大110Mbpsで通信、SoftBank 4G対応ルーター「102HW」


 「ULTRA WiFi 4G 102HW」は、ファーウェイ製のモバイルWi-Fiルーター。下り110Mbpsの通信速度を実現するモバイルブロードバンドサービス「SoftBank 4G」と、3Gサービス「ULTRA SPEED」に対応したモデル。9月以降に発売される予定。

 同時に発表された「ULTRA WiFi 4G 102Z」と同様、AXGP方式のSoftBank 4Gに対応したモバイルWi-Fiルーターで、理論上の最高通信速度において下り110Mbpsを実現する初のモデルとなる。なお、上りの通信速度は最大10Mbps。SoftBank 4G対応エリアは、2012年度末には全国政令指定都市を100%カバーするとしているが、非対応エリアであってもULTRA SPEEDによる下り最大42Mbps・上り最大5.7Mbpsの3G通信が行える。海外ローミング時は3Gでの通信が可能とのこと。

 本体には小型の液晶ディスプレイが搭載され、電波状況やバッテリー残量などを表示。データ転送量は表示されない。Wi-Fi対応機器との間は、IEEE802.11b/g/nに準拠した無線通信が可能。2つのアンテナを使う「2×2 MIMO(Multi Input Multi Output)」をサポートし、同機能対応の無線機器とのWi-Fi通信速度は最大300Mbpsとなる。Wi-Fi機器は最大10台まで同時接続可能。

 このほか、ソフトバンクWi-Fiスポットに対応。64GB以上のmicroSDXCカードも装着でき、複数の接続機器同士でSDカード内のファイルを共有するNAS機能も持つ。簡単に設定可能なスマートフォン向けのメニューも用意される。

 大きさは約104.8×66×15.5mm、重さは約135g。バッテリー容量は約3000mAhで、連続通信時間はSoftBank 4G利用時で7.5時間、ULTRA SPEED利用時で8.5時間。

 




(関口 聖 / 日沼諭史)

2012/5/29 12:28