記事検索
最新ニュースIndex

携帯・PHS契約者数、純増はソフトバンク、MNPはauの傾向続く


 電気通信事業者協会(TCA)は、2012年5月の携帯電話・PHS契約数を発表した。

 2012年5月の携帯電話の純増数はソフトバンクモバイルが25万8100件でトップ。KDDI(au)は19万9000件、NTTドコモは12万6600件の純増となった。イー・モバイルは月次の純増数は非公開。また、PHSのウィルコムは5万4500件、BWAのUQコミュニケーションズは20万200件、Wireless City Planningは2万件の純増になっている。

 3G以降の通信システム別にみると、ドコモのLTE(Xi)の契約数は38万4900件の純増だが、W-CDMA(FOMA)は25万8300件の純減。ソフトバンクのW-CDMAは全体の純増数と同じ25万8100件の純増で、auのCDMA2000 1xは20万5700件の純増。

 契約数の内訳では、プリペイド契約はドコモが1万1100件と純増する一方、auは5700件の純減、ソフトバンクは1万600件の純減となった。インターネット接続サービスでみると、iモード/spモードは2万4900件の純減だが、EZweb/IS NETは10万4300件、 Yahoo!ケータイなどは21万8700件の純増。また、通信モジュールは、それぞれドコモが4万5400件、auが2万300件、ソフトバンクが2万9400件の純増になっている。

 MNPの利用件数は、auがプラス5万6100件、ソフトバンクがプラス3万5100件でそれぞれ転入超過となった。ドコモはマイナス9万100件の転出超過。イー・モバイルは非公開。

 ドコモは「プラスXi割」によるタブレットやデータ通信端末の販売が順調とし、タブレットが新規ユーザーに拡大しているという。また、2年契約の期間満了後や10年超の契約ユーザーに対する解約防止施策により、前年を上回る純増数を獲得した。

 KDDIは、「auスマートバリュー」がCMにより浸透し、顧客獲得数が上がったとする。新端末「HTC J」が好調なほか、「iPhone 4S」も好調としたほか、5月末で終了する「ともコミ学割」に駆け込み需要があった。

 ソフトバンクモバイルは、Wi-Fiスポットや料金、通信速度などの面において、メディアで高評価を得られた結果、iPhoneやiPadはソフトバンクが優位という意識が広がったとし、好調な販売につながったと分析している。また、学割施策の駆け込み需要や、「PANTONE 4 105SH」が引き続き好調であるとした。このほか、モバイルWi-Fiルーター、みまもりケータイ、PhotoVision(デジタルフォトフレーム)の3点が純増数の底上げに寄与したとしている。

 

【携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ 126,600 60,384,400
KDDI 199,000 35,548,600
ソフトバンク 258,100 29,479,800
イー・モバイル
総計 583,800 125,412,800
※イー・モバイルは四半期ごとの開示

【通信方式別:各グループごとの加入者数】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ【LTE】 384,900 2,923,300
NTTドコモ【W-CDMA】 -258,300 57,461,100
au【CDMA2000 1x】 205,700 35,513,800
ソフトバンク【W-CDMA】 258,100 29,479,800
イー・モバイル【W-CDMA】
※イー・モバイルは四半期ごとの開示

【携帯電話:インターネット接続サービス契約数】
事業者 純増数 累計
iモード/spモード -24,900 51,862,500
EZweb/ISNET 104,300 28,802,900
Yahoo!ケータイなど 218,700 22,627,400
EMnet
総計 293,900 102,994,600
※イー・モバイルは四半期ごとの開示

【PHS:加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
ウィルコム 54,500 4,652,200

【BWA:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
UQコミュニケーションズ 200,200 2,660,800
Wireless City Planning 20,000 91,000
総計 220,200 2,751,800

 




(太田 亮三)

2012/6/7 17:54