記事検索
最新ニュースIndex

ソフトバンクの「プラチナバンド」開始、スギちゃんがアピール


 7月25日、ソフトバンクモバイルの900MHz帯によるサービスが開始された。同日午後には、サービス開始を記念したイベントが開催され、タレントのスギちゃんらが出演した。

 イベントは、プラチナバンドをイメージしたきらめく衣装に身を包んだスギちゃんと、同じ衣装をまとった“スギちゃん5”が登場。5人は背の高さが少しずつ違っており、5本のアンテナを模した格好。そのうち1人は「ロンドンに行くはずだったが、暇になってしまった」という猫ひろしが務めていた。途中、3倍遠くまで届く、建物を回り込んで届く、といった表現で、プラチナバンドによってエリアカバーが広がることを紹介した。

 今年3月、総務省での審議を経て、ソフトバンクモバイルに900MHz帯の免許が割り当てられた。700〜900MHz帯は、携帯電話サービス向けの周波数として、世界中で利用されており、サービスエリアの拡充に適した周波数帯とも言われる。
スギちゃんからのプレゼントというプラチナ色のアンテナ像 登場時は、周囲の観客に“号外”を配る
届きやすさをアピール 建物を回り込むと説明
ロンドン行きがなくなり、暇になった猫ひろしがスギちゃんに抱きついて感謝を示す そのスギちゃんは「今がプラチナ」と、今が旬であることをアピールして、次のCMへの起用を求めた

 かねてより、同社代表取締役社長の孫正義氏は、携帯電話事業へ乗り出す際には800MHz帯の割当を求め、参入後も「ソフトバンクモバイルにだけ800MHz帯がない」といった説明で、サービスエリアの拡充において、他社より不利な立場にあると主張してきた。特に近年はiPhoneの登場もあり、ユーザーからは「繋がりにくい」と厳しく評されることが続いており、孫氏は、プラチナバンドの割当を切望してきた。今回、プラチナバンドが利用できるようになったことで、ユーザーの不満を解消し、さらなる繋がりやすさの改善に期待がかかる。ただしエリア整備は一朝一夕に完了せず、周波数帯ごとのノウハウも必要とされ、他社からは「2GHz帯も900MHz帯も、都市部では違いは大きくない」(NTTドコモ加藤社長、6月の就任会見で)との指摘もある。

 ソフトバンクモバイルのWebサイトでは、900MHz帯対応製品として、iPhone 4、iPhone 4S、iPad 2、iPad(第3世代)や今夏モデルが紹介されている。またプラチナバンド対応エリア(9月末までの予定分)を紹介するページも用意されている。この地図では、都市圏よりも山間部や郊外で900MHz帯によるエリア拡充が進むように見えるが、ソフトバンクモバイルでは「基本的な方針として、混雑している地域、郊外で並行して基地局を設置していく」と説明。具体的な地域名は、現時点ではまだ公開できないとのことだが、開局した基地局の情報は、その翌日に同社Webサイトで案内するとのことで、今後の整備状況が逐次、公開される。




(関口 聖)

2012/7/25 15:14