記事検索
最新ニュースIndex

日本通信、通話対応のSIMカードを提供


 日本通信は、音声通話が可能なスマートフォン向けSIMカード「スマホ電話SIM」の提供を開始した。

 「スマホ電話SIM」は、手持ちのスマートフォンに装着して利用できる、通話対応のSIMカード。これまで日本通信では「talkingSIM」など通話対応のSIMカードを提供しているが、今回、新たな料金体系で通話専用として契約できる「スマホ電話SIM」が提供されることになった。日本通信にとっては、データ通信を主軸にした従来のプランと、大きく異なる位置づけの商品になるという。

 料金プランは、以下の3種類。通常サイズのSIMカードと、microSIMカードが用意される。各プランの無料通話分は、翌月へ繰り越せない。解約金はかからない。


プランS:月額1290円、通話料21円/30秒、無料通話分1365円
プランM:月額2290円、通話料18.9円/30秒、無料通話分2835円
プランL:月額3710円、通話料14.7円/30秒、無料通話分5250円

 データ通信はオプションで選択でき、通信速度が上下200kbps(ベストエフォート型)で、動画再生などは利用できないものの通信量制限がない「U200」が月額1690円、下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbpsで月間2GBまで利用できる「2GB定額」が月額2990円となる。なお「2GB定額」で通信量が上限に達すると速度は100kbpsになる。

 たとえば「プランS」でU200を選ぶと月額2980円、2GB定額を選ぶと月額4280円(ユニバーサルサービス利用除く)で利用できる。

 なお、データ通信では、8月下旬提供予定の新サービス「Turbo Charge」が利用できるようになる。「Turbo Charge」は、100MBまで下り最大14Mbps/上り最大5.7Mbpsで通信できるというもの。普段は遅いスピードで安価に利用しつつ、必要なときには高速で通信する、といった使い方ができる。「スマホ電話SIM」の無料通信分は翌月へ繰り越せないが、「Turbo Charge」の100MBという通信量は月をまたいでも利用できる。




(関口 聖)

2012/8/1 18:17