記事検索
最新ニュースIndex

7月の携帯・PHS契約者数、Xiが100万超の純増


 電気通信事業者協会(TCA)は、2012年7月の携帯電話・PHS契約数を発表した。ドコモのXi(LTE)が単月で100万件以上の純増を記録したほか、auは10カ月連続のMNP転入超過、ソフトバンクは累計3000万契約の大台を視野にとらえた。

各社純増

 7月の純増数は、ソフトバンクモバイルが22万1700件、NTTドコモが15万100件、auが4万8500件、ウィルコムが3万7800件となった。モバイルブロードバンドサービスを展開する、WiMAXのUQコミュニケーションズが30万2200件、「SoftBank 4G」などで展開されるAXGP方式のWireless City Planningが5万8600件の純増をそれぞれ記録した。イー・モバイルは情報を開示しない方針。

 電話番号を変更せずに携帯電話会社を利用するMNP制度の利用件数は、auが3万5400件、ソフトバンクモバイルが2万2600件の転入超過となる一方で、ドコモは5万6700件の転出超過となっている。

 なお、ソフトバンクは7月、累計契約数を2992万3900件とした。順調に行けば、8月にも3000万契約の大台を突破することになる。

Xiが単月100万超の純増

 通信システム別では、XiでLTE方式の通信サービスを提供するドコモが7月だけで101万7900件の純増となった。ドコモではこの要因について、6月末よりXi対応の夏モデルが登場し、ラインナップが充実したことによるものとしている。なお、XiとFOMAに対応したスマートフォンを契約する場合、TCAの集計上はLTEに加算される。

 このほか、ソフトバンクの3Gは22万1700件の純増。ドコモのW-CDMA方式(FOMA)については86万6800件の純減。auのCDMA2000 1xは7万2700件の純増となる一方、cdmaOneは2万4200件の純減となった。cdmaOne方式は7月22日に停波しており、契約数が0件となっている。

インターネットサービス、プリペイド、通信モジュール

 インターネットサービス別では、Yahoo!ケータイのソフトバンクが16万2000件、EZwebおよびISNETのauが1万5700件の純増となる一方、iモードおよびspモードのドコモは3万1400件の純減となった。

 プリペイド契約については、ソフトバンクが3400件、auが4700件、ドコモが4万8600件と、それぞれ純減を記録。通信モジュールについては、ドコモが8万2600件、ソフトバンクが4万400件と純増したが、auは2万5500件の純減となった。

 

【携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ 151,100 60,546,800
KDDI 48,500 35,723,600
ソフトバンク 221,700 29,923,900
イー・モバイル
総計 421,400 126,194,300
※イー・モバイルは四半期ごとの開示

【通信方式別:各グループごとの加入者数】
事業者 純増数 累計
NTTドコモ【LTE】 1,017,900 4,334,500
NTTドコモ【W-CDMA】 -866,800 56,212,300
au【CDMA2000 1x】 72,700 35,723,600
ソフトバンク【W-CDMA】 221,700 29,923,900
イー・モバイル【W-CDMA】
※イー・モバイルは四半期ごとの開示

【携帯電話:インターネット接続サービス契約数】
事業者 純増数 累計
iモード/spモード -31,400 51,773,300
EZweb/ISNET 15,700 28,868,300
Yahoo!ケータイなど 162,000 22,960,900
EMnet
※イー・モバイルは四半期ごとの開示

【PHS:加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
ウィルコム 37,800 4,734,100

【BWA:各グループごとの加入者数および総計】
事業者 純増数 累計
UQコミュニケーションズ 302,200 3,208,200
Wireless City Planning 58,600 190,800

 




(津田 啓夢)

2012/8/7 16:55