記事検索
最新ニュースIndex

SIMロックフリーの「MEDIAS NEC-102」、イオンで販売


 NECカシオモバイルコミュニケーションズは、SIMロックフリーのAndroidスマートフォン「MEDIAS NEC-102」をイオンリテールの一部店舗で9月1日より販売すると発表した。店頭価格は2万9800円。

 「MEDIAS NEC-102」は、Android 2.3搭載で薄さ7.9mmながら、防水(IPX5/IPX7)に対応したスマートフォン。NECビッグローブ(BIGLOBE)のサービス「MEDIAS for BIGLOBE」で提供されている端末と同じもの。NTTドコモの2011年夏モデルである「MEDIAS WP N-06C」と同等のスペックながら、今回、イオンで販売されるものは、ドコモやBIGLOBEに特化した部分が省かれている。4インチ、854×480ドットの液晶ディスプレイ、約0.8秒で起動し、約0.9秒間隔で撮影できる“瞬撮カメラ”の約510万画素CMOSカメラなどを搭載する。FeliCaは非対応で、おサイフケータイは利用できない。

 1GHz駆動のCPUを備えるクアルコム製チップセット「MSM8255」、1GBのストレージ(データフォルダ容量は400MB、OSやプリインアプリの領域含む)、512MBのメモリを内蔵する。対応周波数は、W-CDMAでは800/850/2000MHz、GSM/GPRSでは850/900/1800/1900MHzとなる。下り最大14Mbps、上り最大5.7Mbpsで通信できる。

 「MEDIAS NEC-102」はSIMカードが含まれておらず、ユーザーは別途、SIMカードを用意する必要がある。イオンでは、日本通信やIIJなど、SIMカード単体のパッケージを販売しており、これらのSIMカードで利用できるスマートフォンとして、「MEDIAS NEC-102」が販売されると見られる。

 イオンによれば、端末故障などが発生した場合、ユーザーに瑕疵がないケースであれば端末を無償で交換するとのこと。これまでSIMカード製品を提供してきたなかで、ユーザーからの要望もあり、SIMロックフリーの端末販売を行うことになったという。今後のラインナップについては、今回の成果を踏まえて検討していくとのこと。




(関口 聖)

2012/8/31 15:59