記事検索
最新ニュースIndex

ソフトバンク、スマホの機種変に活用できる「下取りプログラム」


 ソフトバンクモバイルは、スマートフォンからスマートフォンへ機種変更する場合に利用できる「下取りプログラム」を提供する。9月21日〜11月30日までの期間限定となる。

 「下取りプログラム」は、スマートフォン購入時に、それまで使っていたスマートフォンをソフトバンクが下取りするというサービス。「iPhone 5」へ機種変更する際には、iPhone 4Sを1万2000円で、iPhone 4を8000円で下取りする。「iPhone 4」→「iPhone 4S」の場合もiPhone 4を8000円で下取りする。

 下取り価格は、月々の利用料から1000円ずつ割引される。たとえばiPhone 4Sでは、毎月1000円の割引が12カ月間続いて、計1万2000円のキャッシュバック、といった形になる。対象機種はiPhone 4、iPhone 4S。今後、Androidなど対象機種の拡大が検討される。

 ソフトバンクモバイルでは、「ユーザーから寄せられた『それまで利用してきた機種を手放すので、iPhone 5を手軽に購入したい』という要望に応えるべく提供することになった。下取りした端末については、当社で今後、リサイクルやリユースなどを検討していきたい」と説明する。下取り対象の機種については、液晶画面が割れるなど、あまりに損耗が激しい場合は、下取りできないとのこと。

(関口 聖)

2012/9/14 18:22