記事検索
最新ニュースIndex

約13メガ裏面照射カメラ搭載、シャープ製「AQUOS PHONE SERIE」


 「AQUOS PHONE SERIE」(SHL21)は、パネルレシーバーや聞き取りやすくなる技術などを盛り込んだシャープ製のAndroid 4.0搭載スマートフォン。発売日は11月2日で、割引適用後の価格は3万円台前半から半ばになる見込み。


「AQUOS PHONE SERIE」

 

 ディスプレイ面のパネル全体が通話用スピーカーとなる「ダイレクトウェーブレシーバー」を採用していて、前面パネルには通話用スピーカーの穴がないが、どこに耳を当てても受話音が聞こえるようになっている。2つのマイクを内蔵し、周囲の雑音のみを軽減する機能も搭載している。防水防塵仕様。Android 4.0に対応し、Android 4.1へのバージョンアップは未定。microSIMカードを採用する。

 CPUは、1.5GHz駆動のデュアルコア、クアルコム製の「MSM8960」を搭載する。ストレージは16GB、メモリは1GBで、外部メモリとして最大64GBのmicroSDXCカードが利用できる。

 ディスプレイは4.7インチ、720×1280ドットのS-CG Silicon液晶を搭載。従来のCG Silicon液晶に比べると、液晶の開口率の高さからバックライトの消費電力が抑えられ、さらにメモリ搭載により、静止画表示時の消費電力も抑えられている。タッチパネルの追従性向上などを含むダイレクトトラッキング技術も採用している。

 UIとしては、ホームキーなどはハードウェアキーとしては搭載されず、画面に表示されるソフトウェアキーとなっている。

 ホーム画面にはシャープ独自の「3ラインホーム」を採用している。ホーム画面でソフトウェアキーとして表示されるアプリをカスタマイズできるようになっているなど、今夏モデルに比べると機能強化が施されている。3ラインホームだけでなく、従来型デザインの「SHホーム」も搭載しており、メニューから切り替えが可能になっている。ロック画面には4つのショートカットを設定が可能。

 端末を2回振ること、簡易ランチャー「クイックツールボックスEX」を呼び出せるようになっている。クイックツールボックスEXはどのアプリを起動中にも呼び出せて、使用中のアプリの上に表示されるようになっている。クイックツールボックスEXの項目はカスタマイズもできる。

 メインカメラは約1312万画素、光学手ぶれ補正対応の裏面照射型CMOSセンサーを搭載する。1080p/30fpsの動画撮影に対応し、2マイクステレオ録音に対応する。さらに、自分撮りがしやすいようにディスプレイ側のサブカメラも約124万画素の裏面照射型CMOSを採用する。カメラ専用のウィジェットには、「料理」などの撮影モードを登録しておくことが可能で、そのボタンをタップすることで、そのモードでカメラが立ち上がるような仕組みも搭載する。

 赤外線通信機能やおサイフケータイ、NFC、ワンセグに対応する。Bluetooth 4.0、DLNA(DTCP-IP)、IEEE802.11a/b/g/n対応のWi-Fiなどをサポートする。テザリングも利用できる。PlayStation Mobile for Androidにも対応予定。Wi-Fiディスプレイ規格にも対応し、ホーム画面を含むすべての画面をWi-Fi経由で対応機器に伝送できる。Bluetooth 4.0は対応機器としてBluetooth対応G-SHOCKが挙げられいる。エプソンのプリンタの「iPrint」にも対応する。

 データ通信は「4G LTE」に対応し、800MHz、1.5GHzが利用可能。音声通話は従来通り3Gで行う。国際ローミンについてはCDMA/GSM/GPRS/W-CDMAに対応する。卓上ホルダが同梱され、オプション品の共通ACアダプタ04もサポートされる。

 auスマートパスアプリが標準搭載されている。同アプリはauスマートパスのアプリやサービスを一元管理するためのもの。auスマートパスで提供されるアプリやサービス、クーポン情報など、利用者に“気づき”を与えるコーナーや、よく使うスマートパスのアプリへのショートカット、友人がオススメするアプリなどの紹介コーナーなどもある。このアプリは標準でホーム画面下部のショートカットに登録されており、ライトユーザーに対してスマートフォンのポータルとなるように配慮されている。

 大きさは約68×130×11.2(最厚部約11.8)mmで、重さは約148g。バッテリー容量は2040mAh。連続待受時間はLTEで約570時間、3Gで約610時間、連続通話時間は約910分。ボディカラーはクリアブルー、ブリリアントピンク、マットブラックの3色展開。

 AQUOS PHONE SERIE購入者には、シャープ独自のBluetoothデバイス「クリップディスプレイ」が先着順で無償提供される。クリップディスプレイは、2.2インチのタッチパネル有機ELディスプレイを搭載した、通話レシーバー兼通知のBluetoothデバイス。マイクとレシーバーを搭載し、これを受話器として通話できるほか、メールやTwitterなどの新着表示などが行える。着信をバイブレーターで通知する機能もある。

 また、音声コマンド機能も利用可能で、マップやカメラなどのアプリの起動やマナーモードのオン/オフ切り替えなどが、クリップディスプレイに話しかけることで行えるようになる。この音声コマンド機能はクリップディスプレイ接続時のみの機能になるとのこと。

 クリップディスプレイはいまのところ一般販売の予定はなく、AQUOS PHONE SERIE SHL21かソフトバンクのAQUOS PHONE Xx 203SH、ドコモのAQUOS PHONE ZETA SH-02Eの購入者限定の非売品プレゼントという扱いになる。パッケージ同梱ではなく、購入後、申し込むことで入手できる。


ブリリアントピンク
マットブラック

 




(津田 啓夢 / 白根 雅彦)

2012/10/17 12:00