記事検索
最新ニュースIndex

IPS液晶にクアッドコア、フルスペックの「Optimus G」


「Optimus G」

 「Optimus G」(LGL21)は、4.7インチのIPS液晶にクアッドコアCPUを搭載したLGエレクトロニクス製のスマートフォン。発売日は11月2日で、割引適用後の価格は3万円台前半から半ばになる見込み。

 LTEやクアッドコアCPU、2GBのRAMなどで快適な動作を実現しており、OSはAndroid 4.0を搭載する。クアッドコア搭載のハイエンドモデルとなるが、ワンセグ、赤外線、おサイフケータイといった日本仕様の機能にも対応。最先端ユーザーをおもなターゲットとし、ユーザーエクスペリエンスを重視したさまざまな機能を備えている。

 LG独自の機能としては、動画などを通常の操作画面に透過表示で重ねられる「Qスライド」を搭載。動画やワンセグを視聴しながら、メールやTwitter、LINEなどを操作することが可能で、動画などの透過度はスライダーで調整することができる。また、通知領域からすばやくに起動できる「Qメモ」は、ホーム画面に手書きしたメモを画像として保存できるという従来の機能に加えて、メモを表示させながらほかの操作も行うことができ、たとえば手書きでメモした電話番号を見ながら電話をかけることが可能。

 MHLアダプター経由によるHDMI出力でテレビに映像を出力する「デュアルスクリーン」機能では、スマートフォン側で映像以外の画面を表示したり、操作画面を表示したりできる。そのほか、動画の再生中に拡大したい場所をピンチイン・アウト操作で拡大できるライブズーム機能も搭載されている。

 NFCに対応するLG独自のアプリとして「LG Tag+」がプリインストールされるとともに、連動するタグステッカーを2枚同梱。GPSやBluetoothなどの本体設定をあらかじめタグステッカーに書き込んでおき、車内などにタグステッカーを貼っておけば、端末をかざすだけで本体設定をすばやく切り替えることが可能。

 メインカメラは1300万画素のCMOS、インカメラは130万画素のCMOS。ディスプレイは4.7インチ、1280×720ドット(HD)のIPS液晶。CPUはAPQ8064で1.5GHz駆動のクアッドコア。モデムはMDM9615M。ストレージは16GB、RAMは2GB。外部メモリーはmicroSDXCで、最大64GB。ワンセグ、赤外線、おサイフケータイ、NFC、Bluetooth 4.0、HDMI出力(MHL)、DLNA(DTCP-IP非対応)、IPX5/7の防水に対応。「共通ACアダプタ04」に対応する。緊急速報メール、災害用音声お届けサービスを利用できる。

 通信方式は4G LTEに対応し、通信速度は下り最大約75Mbps。LTEの周波数は800MHz、1.5GHzがサポートされる。なお、通知領域のボタンでLTEのオン・オフを操作できる。WIN HIGH SPEEDにも対応。Wi-FiはIEEE802.11a/b/g/n。テザリングに対応し、同時接続数は最大10台。国際ローミングはCDMA、GSM、GPRS、UMTSをサポートする。

 電池容量は2210mAh。大きさは約137×69×9.6(最厚部10.3)mmで、重さは約143g。連続待受時間はLTEが約420時間、3Gが約440時間。連続通話時間は約770分。ボディカラーはAstro Blue、Prism Whiteの2色。


Astro Blue
Prism White

 




(太田 亮三 / 鈴木友博)

2012/10/17 12:00