記事検索
最新ニュースIndex

マイクロソフト、Windows Phone 8を発表


 米マイクロソフトは、スマートフォン向けのOS「Windows Phone 8」を発表した。同時にノキア、HTC、サムスンの対応端末も発表され、米国では11月より販売が開始される。


 

 「Windows Phone 8」は、マイクロソフトが提供するスマートフォン向けのOSの最新版。個人が利用する際の利便性を向上させたほか、子供が触れる際の機能なども新たに搭載されている。

 「Live Apps」機能では、ホーム画面にクーポンやチケット、ニュース、Faecbookなどのリアルタイムな情報を表示可能。従来から提供されている「Windows Phone Store」では、「Angry Birds Star Wars」をはじめとして12万件のアプリが提供されている。

 「Kid's Corner」機能は、子供が安全に端末を利用できるという機能で、保護者が選んだアプリや機能のみを利用できる。このほか、チャット機能やキャリアと連携した通信料の算出機能、決済対応のNFC、マルチコアCPUなどがサポートされる。また、通話機能のように常時待受で利用できる「Skype」が今後提供される予定。


ロック画面 ホーム画面
Game Skype
Data Sense Rooms
Kid's Corner Photo Hub

 

 また同社は、Windows Phone 7.5搭載端末向けに、Windows Phone 8のホーム画面を取り入れるなどした「Windows Phone 7.8」を提供する予定。

 「Windows Phone 8」搭載端末は、ノキアが「Lumia 920」「Lumia 822」「Lumia 820」「Lumia 810」を発表。HTCは「Windows Phone 8X by HTC」、サムスンは「ATIV S」と「ATIV Odyssey」を発表している。

 端末価格は、米Verizon Wirelessでの2年契約の場合、「Lumia 822」が99.99ドル(約8000円)、「Windows Phone 8X by HTC」が199.99ドル(約1万6000円)などとなっている。どちらも発売時期は11月下旬。サムスンの「ATIV Odyssey」については12月に発売される見込み。


 

(太田 亮三)

2012/10/30 12:46