記事検索
最新ニュースIndex

auがiPadとiPad mini発売、原宿のKスタで記念イベント開催


iPadの発売を控えたKDDIデザイニングスタジオ

 KDDI、沖縄セルラーは11月30日、Appleの「iPad」(第4世代)および「iPad mini」の販売を開始した。auでは、Wi-Fiのみに対応するモデルは一般ユーザー向けに販売しない方針で、「iPad」「iPad mini」ともにauの「4G LTE」に対応する通信機能を備えた「Wi-Fi + Cellularモデル」となる。auはこれまでAppleのiPhoneシリーズを取り扱ってきたが、iPadシリーズは今回が初めて。iPad向けに新たな料金プランも設定されている。

 11月30日午前8時の発売に合わせ、東京・原宿のKDDIデザイニングスタジオ(Kスタ)内にて、スペシャルカウントダウンイベントが開催された。Kスタではユーザー数限定で契約・販売カウンターも設置され、開店前に並んでいたユーザーはカウントダウンイベントを最前列で観覧できたほか、契約・購入することが可能だった。なお、Kスタ前には早朝の7時時点で8人が並んでおり、8時の発売時点で10人が行列、カウントダウンイベントに参加した。


 

KDDI田中社長「iPadもauが本命!」

 イベントにはKDDI 代表取締役社長の田中孝司氏が登場。iPadの発売で「3M戦略を本当に実現できる」と戦略的にも重要な分野の端末であることをアピール。司会から利用シーンを聞かれると、「ここは語りたいんです。ちょっと聞いてください」と集まったユーザーに語りかけ、パソコンとスマホでは「繋がっていない」とする利用体験を、タブレットがその間を繋ぐ存在になると解説。

 地下鉄のエリア化にも力を入れ、12月末までに関東の地下鉄の駅の99%をLTEでエリア化し、2013年3月末には関東の地下鉄の駅間についても90%に達する計画を明らかにし、「ネットワークがシームレスにつながる」とアピールした。田中氏はまた、EZwebのEメールがひとつのアカウントでスマートフォンなどと共有して利用できるといったauの強みも紹介したほか、ゼロスタート定額キャンペーンやauスマートバリューなど価格面でも訴求も。声を大にして「iPadもauが本命!」と呼びかけた。

 イベント後の囲み取材で田中氏は、「iPad」(第4世代)については法人需要が見込めるとし、Wi-Fiのみに対応したモデルも法人向け限定で販売する方針を明らかにした。一般ユーザー向けには7インチクラスのタブレットが主流になるだろうとの見方で、LTEなどの通信機能を搭載したモデルが、Wi-Fiのみのモデルの割合を「逆転するのではないか」との予想も示している。なお、発売日時点では入荷数が少ないため、予約受付を見送り、販売店舗も限られているが、販売店舗は「どんどんこれから、広げていきたい」とした。


KDDI 代表取締役社長の田中孝司氏 LTEなどネットワークは地下鉄でも注力。体験が生活動線の中で繋がることをアピールした
囲み取材に応じる田中社長

 

重盛さと美が「女性にもおすすめ」とiPad miniをアピール

田中社長(左)と重盛さと美(右)

 販売開始の午前8時が目前に迫ると、ステージには田中社長に加えてタレントの重盛さと美が特別ゲストとして登場、集まったユーザーと共にカウントダウンを行い、発売の瞬間に華を添えた。

 検索サービスをよく使うという「検索マニア」として紹介された重盛さと美は、先日も「検索をしていて、グアム旅行にも行ってしまった」とエピソードを披露。田中社長から「ホントに?」とツッコミが入ると、「親孝行で行ってきました」と家族旅行だったことを明かした。発売時間の8時を迎え、iPad miniを手にした重盛さと美は、「軽くて小さい」と感想を語り、台本をもらうメールや、ブログの更新も捗ると期待を語る。

 ここでステージには重盛さと美の私物のバッグが登場。両手が使える状態がいいという重盛は、いつも小型のバッグを持ち歩くとのことだが、iPad miniはすっぽりと収まるサイズで、「本と同じぐらいの重さで持ちやすく、女性にもおすすめ」とアピール。「つながるのは一番大事。つながるauでキマリ!」と田中社長の顔もほころぶコメントも飛び出した。



Kスタに展示されたiPad(第4世代)、iPad mini

iPad mini
iPad(第4世代)
  iPad miniやiPadに対応したケース

 




(太田 亮三)

2012/11/30 11:53