ニュース

au、7インチIGZO液晶搭載タブレット「AQUOS PAD」を7日発売

 KDDI、沖縄セルラーは、7インチIGZOディスプレイを搭載したシャープ製のAndroidタブレット端末「AQUOS PAD SHT21」を12月7日に発売する。

 「AQUOS PAD SHT21」は、Android 4.0を搭載したシャープ製のタブレット端末。横幅106mmと7インチクラスのタブレットながら、片手で握れると案内している。

 約7インチ、WXGAサイズのIGZO液晶を搭載する。IGZOディスプレイは、シャープの新世代ディスプレイにあたり、低消費電力でありながら明るいディスプレイであることをうたっている。なお、タッチパネルは高感度タイプで、スムーズなタッチ性能と先の細いペンなどでも操作できるようになっている。

 CPUは1.5GHz、デュアルコアのクアルコム製「MSM8960」を搭載し、メモリは1GB、ストレージ容量は16GBとなる。また、外部メモリカードとして、最大64GBのmicroSDXCカードが利用できる。防水・防塵モデル。

 メインカメラは約808万画素、サブカメラは約31万画素のそれぞれCMOSセンサーを搭載する。Bluetooth 4.0やIEEE 802.11a/b/g/n対応のWi-Fi(2.4GHz/5GHz)、ワンセグ、テザリング機能などをサポートする。通話機能には非対応。

 バッテリー容量は3460mAhで、連続利用時間は4G LTEで980時間、3Gで約1040時間。大きさは約106×190×9.4mmで、重さは約272g。ボディカラーはフィールブラック。

(津田 啓夢)