ニュース

au、「HTC J butterfly HTL21」を9日から順次発売

 KDDI、沖縄セルラーは、HTC製のAndroidスマートフォン「HTC J butterfly HTL21」を12月9日より発売する。

 なお、12月9日発売は関東と沖縄エリア。それ以外の地域については、ボディカラーのレッドとブラックを12月14日に、ホワイトを21日に発売する予定。

 「HTC J butterfly HTL21」は、Android 4.1を搭載したHTC製のスマートフォン。約5インチ、1920×1080ドットのフルHD表示に対応する。IPX5相当の防水端末となる。

 1.5GHzのクアッドコアCPU、クアルコム製の「APQ8064」を搭載し、ベースバンドチップは「MDM9615」を採用する。メモリは2GBで、ストレージ容量は16GB。外部メモリカードは最大32GBのmicroSDHCカードをサポートする。

 メインカメラは約800万画素のCMOSで、サブカメラは約210万画素のCMOS。カメラは裏面照射型で、F値2.0と明るいレンズを採用している。加えてサブカメラの画角は88度と、複数人で自分撮りできる広角レンズを採用する。HDMI出力に対応し、撮影した動画像をテレビなどにも出力できる。

 ユーザーインターフェイスに(UI)は、HTCの独自UIである「HTC Sense 4+」を採用する。ワンセグ(アンテナ内蔵)、赤外線通信、おサイフケータイ、NFC、Bluetooth 4.0、DTCP-IP、Wi-Fiテザリングなどに対応する。

 通信方式は800MHz帯と1.5GHz帯の4G LTEに対応する。Wi-Fiは2.4GHzおよび5GHzが利用可能で、IEEE802.11a/b/g/nに準拠する。国際ローミングはCDMA、GSM、GPRS、UMTSをサポートする

 バッテリー容量は2020mAhで、LTEでの連続待受時間は約270時間で、3Gは約360時間。通話時間は約750分となる。大きさは約71×143×9.1mmで、重さは約140g。ボディカラーはレッド、ホワイト、ブラック。

(津田 啓夢)