ニュース

ソフトバンク、iPhone 5の通信料を割り引く「かいかえ割」

 ソフトバンクモバイルは、既存ユーザーが「iPhone 5」へ機種変更すると、パケット定額サービスを1年間割り引きするキャンペーン「かいかえ割」を12月7日より開始する。2013年1月31日までの機種変更ユーザーが対象となる。

 「かいかえ割」は、通常5460円のパケット通信定額サービス「パケットし放題フラット for 4G LTE」の料金を1年間、1050円を割り引き、月額4410円にするキャンペーン。この価格は、3Gサービスのパケット通信定額サービスと同等となる。対象は期間中にiPhone 5へ機種変更するユーザー。

 既にiPhone 5へ機種変更済のユーザーは対象外。ただし、11月30日まで実施されていた「iPhoneかいかえ割」で、1年間、ホワイトプラン(i)の利用料(月額980円)半額、あるいは5000円の商品券のプレゼントという特典が適用されていた。

 12月1日〜6日に買い替えていると、新たな「かいかえ割」と旧「かいかえ割」どちらの割引も適用されていない。

iPhone 5の月月割、機種変更が改定

 12月7日からは、機種変更時のiPhone 5の月月割が改定される。12月6日までは全てのモデルで、割引額が2140円だったが、12月7日からは1750円に割引額が減少する。

 16GBモデルを新スーパーボーナスの割賦で購入すると、1カ月あたりの支払額は2140円で、これまでの月月割では相殺でき、2年間利用することで実質0円での購入ということになったが、12月7日以降は相殺されず、実質負担額は月390円になる。同様に32GBモデルの実質負担額は月820円、64GBモデルは月1250円になる。

 機種変更ユーザーにとっては、新「かいかえ割」で1050円、割り引きされる一方で、従来より月月割が390円減少する。

 なお、新規契約の月月割に変更はない。

(関口 聖)