ニュース

11月の携帯・PHS契約数、ドコモが過去最大の純減に

 電気通信事業者協会(TCA)は、2012年11月の携帯電話・PHS契約数を発表した。

 各社の11月の契約数は、ソフトバンクモバイルが30万1900件、KDDIが22万8800件、PHSのウィルコムが4万4100件、BWAのUQコミュニケーションズが10万4200件、Wireless City Planningが8万1000件でそれぞれ純増した。ソフトバンクは、「iPhone 5」の在庫切れが11月中旬頃に解消し、当日販売が可能な状態になったことで契約数の増加も加速したと分析している。

 一方、NTTドコモは関東甲信越以外の地域はすべて純減となり、全体で4万800件の純減になった。ドコモは、MNPが開始された2006年11月に初めて1万7500件の純減を記録。2007年8月にも2万2900件の純減になっていたが、3度目となる今回は単月で過去最大の純減数になった。同社は、他社が販売する「iPhone 5」への転出増加が影響したとしている。

 各社のMNPの数は、KDDIが16万5100件のプラス(転入超過)、ソフトバンクが4万7900件のプラス、ドコモは21万2100件のマイナス(転出超過)となった。

 通信方式別に見ると、NTTドコモのLTE(Xi)は67万8000件の純増、W-CDMA(FOMA)は71万8800件の純減。KDDIとソフトバンクは通信方式別に報告していない。

 なお、イー・アクセス(イー・モバイル)は月次の契約数・MNP利用数は非公開。

契約数の内訳

 各社の契約数の内訳を見ると、通信モジュールは、ソフトバンクが5万8100件、ドコモが5万3000件、KDDIが1万7100件でそれぞれ純増。

 インターネット接続サービスでは、KDDIのEZweb/ISNET/LTE NETが18万9900件、ソフトバンクのYahoo!ケータイなどが26万1000件の純増。ドコモのiモード/spモードは22万2500件の純減になっている。

 プリペイド契約は各社が純減し、KDDIが4200件、ソフトバンクが6100件、ドコモが9700件の純減となった。

【携帯電話:各グループごとの加入者数および総計】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ -40,800 60,753,000
KDDI 228,800 36,577,900
ソフトバンク 301,900 31,047,300
総計 489,900 128,378,200

【通信方式別:NTTドコモの加入者数】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ【W-CDMA】 -718,800 53,358,800
NTTドコモ【LTE】 678,000 7,394,200

【内訳:通信モジュール】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ 53,000 2,860,700
KDDI 17,100 2,204,400
ソフトバンク 58,100 2,485,300

【内訳:インターネット接続サービス契約数】

サービス 純増数 累計
iモード/spモード -222,500 51,207,200
EZweb/ISNET/LTE NET 189,900 29,397,900
Yahoo!ケータイなど 261,000 23,775,200

【内訳:プリペイド契約】

事業者 純増数 累計
NTTドコモ -9,700 105,000
KDDI -4,200 203,400
ソフトバンク -6,100 834,400

【PHS:加入者数】

事業者 純増数 累計
ウィルコム 44,100 4,901,800

【BWA:各グループごとの加入者数】

事業者 純増数 累計
UQコミュニケーションズ 104,200 3,851,500
Wireless City Planning 81,000 527,400

(太田 亮三)