ニュース

LINE、18歳未満はID検索不可に――まずはau版から

 NHN Japanは、スマートフォン対応の無料コミュニケーションアプリ「LINE」のau向けAndroid版で、20日より、18歳以下のユーザーによるID検索が利用できなくなると発表した。

 今回導入される機能は、見知らぬ人との出会いをきっかけに青少年ユーザーが犯罪などトラブルに巻き込まれないよう、防止策として実施されるもの。auのAndroidスマートフォンで「LINE」を使っている場合、KDDIからNHN側に対して年齢情報が渡され、18歳未満であればID検索が利用できない。また、青少年ユーザーのIDを検索しても、検索結果には表示されない。さらにプライバシー管理の「IDの検索を許可」が自動的にオフへと設定される。

 18歳未満のユーザー同士は、電話番号の交換、あるいは目前にいる人を友人に登録できる「ふるふる」を使えば友人リストへ登録できる。この機能は、今年9月、KDDIとNHN Japanから発表されたもので、12月20日より導入されることになった。

 年齢情報は、auの端末を契約する際の生年月日情報を元にしている。NHNでは同様の機能を、au以外のキャリアとも協力して搭載する方針。

【訂正 2012/12/17 20:55】
 記事初出時、「20歳未満」としておりましたが、その後、NHN Japanより対象年齢の訂正が発表されました。訂正いたします。

(関口 聖)